スポンサーリンク

Vyond利用者の差別化:Adobpremiere proなどと併用

Vyondで動画を作成し、Adobe premiere proで編集することでメリットがでます。premiere proの基本的な操作ができる方であれば、差別化が図れるかと思います。

Vyondの組み込みのアニメーション機能により、魅力的なビデオを作成できます。カスタマイズ可能なテンプレートの完全なライブラリにより、魅力的なコンテンツの作成を開始するのも簡単です。

Adobe Photoshop、Animate、およびAfter EffectsをVyondとともに使用すると、ビデオの品質が大幅に向上します。これらの高度なアニメーション技術を組み込むことで、エンゲージメントと楽しさを促進するビデオにさらに磨きをかけることができます。

Vyond利用者の差別化:Adobpremiere proなどと併用

下記の製品がvyondと連携できます。

Adobe Photoshop

Animate

After Effectsなど

モーションブラー

Adobe After Effectsの標準設定であるモーションブラーは、目がモーションを認識する方法です。目の前で手を前後に振ると、ぼやけていることがわかります。このぼかしにより、動きをスムーズに知覚できます。1秒あたりのフレーム数で考えると、モーションブラーは各フレームの動きをブレンドし、モーションを連続的かつスムーズにします。動きの速い被写体にぼかしがある場合、動きはよりリアルに見えます。

マスキング

Vyond Studioのマスキング機能と同様に機能しますが、より多くの制御が可能です。Vyondと同様に、マスクを使用してキャラクターまたは小道具の一部を表示または非表示にすることができます。ただし、After Effectsでは、任意の形状のマスクを描画したり、キーフレームを使用してその形状を経時的に変更したり、エッジをぼかしたりすることができます。

バウンス効果

アドビのカスタムバウンス効果があります。アニメーションが予想と重力感覚を追加するため、より生き生きと見えることがわかります。

フォロースルー

その揺れが長くする

(Visited 65 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする