スポンサーリンク

動画マーケティングの効果やメリットを紹介!初心者向け!

動画コンテンツが身近になったいまだからこそ、自社でも動画を用いたマーケティングを始めてみたい。

動画マーケティングとは、広告などを動画コンテンツとしてネット配信する、いま人気のマーケティング手法です。

その人気のヒミツや、販促効果をより高めるための知識・情報について、くわしくご紹介していきます。

動画マーケティングの効果と、成功のカギである動画制作の方法などを解説していきます。動画は静止画の5000倍もの情報量が伝わる、1分の動画で180万字の情報を伝えられるといわれているほどです。

動画マーケティングの効果やメリットを紹介!初心者向け!

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像を用いたコンテンツによって、商品やサービスに対する顧客の関心を高めることを目的としたマーケティング手法です。

動画は、テキストよりも情報が伝わりやすく、拡散されやすいのが特徴です。

これはtwitterなどのSNSで経験したことがある人はわかるかと思います。幅広い層に向けて自社商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられます。

これらの要因が後押しし、動画マーケティングは効果的な手法のひとつとして、注目度を増しているのです。

静止画と比較して

静止画や文章での広告は文字数やサイズなどの縛りがあり、伝えられる情報量にかなり制限があります。その点、動画は「映像」「音楽」「言葉」など、圧倒的に多くの情報を詰め込むことができるのです。

動画マーケティングの効果と、成功のカギである動画制作の方法などを解説していきます。動画は静止画の5000倍もの情報量が伝わる、1分の動画で180万字の情報を伝えられるといわれているほどです。

TV動画は?

歴史が長いテレビCMであれば提供する番組の視聴率、時間帯等でどの程度の効果がありそうか前もってある程度が予想できます。

しかし、近年増えてきたインターネット上の動画はまだまだ事前のアクセス分析方法は広まりきっておらず、アップロード後にSNSでバズりいきなり大きくアクセス数が伸びることもあれば、インターネット上にアップロードしただけで世の中にあまたある動画の中に埋もれてアクセスされないこともあります。

スマホから動画へのアクセスが増えた

モバイル端末はいつでもどこでもインターネットに接続できるため、チョットしたスキマ時間にも情報収集に利用されます。そのためモバイル端末を意識して動画を活用することがとても重要になるのです。

動画マーケティングの効果は?

動画マーケティングの効果としては、以下の3つが代表的なものとして考えられます。

SNSを経由して幅広い層へ波及する広告効果

動画を気軽に見られるYouTubeやInstagramといったSNSが普及したことで、動画コンテンツが再生されやすくなったのです。

SNSユーザーの年齢層は幅広く、魅力的な動画広告を投稿すると、視聴者の手によって拡散されて多種多様な層の目に留まります。場合によっては、自社でも予想していなかったほどの広がりを見せ、高い広告効果をもたらすこともあります。

SEOの評価が上がりやすい

Googleの検索エンジンが、動画にはコンテンツとしての価値があると認めているからです。

しかし、Googleは動画の中身をチェックして評価をしているのではありません。

Googleがチェックしているのは、動画に付随するテキスト情報です。そのため、動画のタイトルや説明文、タグといったテキスト情報に気を配る必要があります。ユーザーが検索しているキーワードをテキスト情報に含め、求めている情報と内容が一致する動画をWebサイトやランディングページに設置することで、検索エンジンでの評価が上がりやすくなります。

コンバージョン率をアップ

動画マーケティグには、コンバージョン率をアップさせる効果もあります。
コンバージョン率とは、Webサイトに発生したアクセスのうち、どれほどの割合で成果(=コンバージョン)につながったかを示す数値のこと。つまりランディングページでは、最終的な成果である商品の購入やサービスの申し込みにつながった割合がコンバージョン率です。コンバージョン率がアップしたということは、それだけ購入や申し込みの数が増え、売り上げアップにつながったことを意味します。

動画マーケティングのメリットは?

心を動かしやすい

映像と音楽とを織りまぜてドラマティックに情報を伝えることで、静止画よりも印象に残りやすく、心まで動かすことができます。潜在的なニーズにまでメッセージを訴えかけられる可能性もあるでしょう。

SNSなどで拡散される

動画を作成したらSNSやyoutubeでも流しておくと有効です。(広告、通常投稿問わず)

最近はtwitterやFacebookなどのSNSが流行しています。魅力的・刺激的なコンテンツは多くのユーザーに拡散され、爆発的に広がっていく時代です。

動画は特にバズりやすい(拡散されやすい)からです。

広告でなく、通常の投稿や動画アップであれば特に費用はかからないので、損はしません。

(Visited 27 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする