クロスブラウザチェック2018-2019で対応方法はどうするか?

こんにちは、ウェブラバーです。

今の時代WEBでシステムを閲覧することが多くなり、クライアントサーバシステムという考えも古くなりました。

クロスブラウザチェックとマルチブラウザチェックの違い

  • マルチブラウザとは、動作するWebブラウザを明示し、その環境下では保証される状態のことを表します
  • クロスブラウザとは、動作するWebブラウザは明示せず、如何なる環境下でもコンテンツが何かしらの状態で提供されることを保証した状態のことを表します。

対応ブラウザとは?

  • chrome
  • firefox
  • ie11
  • edge
  • safari

クロスブラウザチェックとは

Internet Explorer(以下、IE)一極の時代から、今はGoogle ChromeやFirefoxなど、多様なWebブラウザに対応しなければなりません。
 この問題に対処するにはどうしたらいいのだでしょうか。
どのような環境から訪問したユーザーでも、サイトを意図通りに正しく表示できるように 
複数のブラウザ、OSを想定してチェックを行います。
スト用ツールを使うことで、細かなバージョン違いにも対応したチェックが可能です。

CSS3では

CSS3では、丸角や影をつけたりと今まで出来なったリッチなUIが作れるようになりました。
しかし、まだ全てのブラウザで完全に実装されていないため、ベンダープレフィックスや独自のプロパティが必要となってきます。
そのため、CSS3で良く利用するプロパティの使い方をまとめて見ました。

クロスブラウザのオンラインチェック

下記のようなツールがございます。

Browser Sandbox

まとめ

(Visited 22 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする