スポンサーリンク

「504 gateway timeout」がapacheやWordPressでの対象方法は?

こんにちは、ウェブラバーです。
HTTP502(Bad Gateway)や、クライアント側に問題がある400番台のエラーコードHTTP408(Request timeout)と似ていますが、HTTP508はサーバーからの問題で、かつ一定の期間という時間の区切りがあります。

HTTP504の原因

HTTP504の原因としてあげられるものを紹介します。
ウェブサイトにアクセスするときには、ブラウザはウェブサイトがホスティングされている
サーバーにリクエストを送信します。
サーバーはそのリクエストを受け取り、処理し、リクエストされたリソース(PHP、HTML、CSSなど)を
HTTPヘッダーと共に返信します。HTTPには、HTTPステータスコードというものも含まれます。
ステータスコードは、リクエストの状態(ステータス)を通知するものです。

HTTP504の現象は?

“504 Gateway Timeout”
“504 Gateway Timeout NGINX”
“NGINX 504 Gateway Timeout”
“Gateway Timeout Error”
“Error 504”
“HTTP Error 504”
“HTTP Error 504 – Gateway Timeout”
“HTTP 504”
“504 Error”
“Gateway Timeout (504)
“504 Gateway Time-out – The server didn’t respond in time”
白いスクリーン

504はSEOでもよくない

ウェブサイトが長期間(たとえば6時間以上も)ダウンしている場合には、
Googleがその504エラーをサイトレベルの問題として扱うことがあります。これはランキングに影響を与える恐れがあります

504の原因は?

プロキシに問題がある
HTTP504は、ゲートウェイやプロキシに何らかの異常や高負荷があって、応答できずにいる
状態の時に表示されることがあります。
待ち時間が短い
読み取りまでの待ち時間の設定が、想定していたよりも短い場合が考えられます。待ち時間をいじっていない場合、
標準の時間設定では足りなくなっている場合があります。

対処方法は?

Nginxの504 Gateway Time-outが発生!デフォルトのままだったので、fastcgi_read_timeoutの値を変更する
ページを再読み込みする
プロキシ設定を無効にする
CDNを一時的に無効にする
Apacheのアイドルタイムアウトを変更する。
(Visited 136 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク