安全なウェブサイトの作り方!WEBサイト品質ツールで確認してみよう。

こんにちは、ウェブラバーです。

Webサイトはじつは改ざんされていたというケースが多いです。改ざんされたサイトを訪れた人は個人情報を盗まれたり、ウイルス感染させられたりする被害が考えられます。

被害を防ぐために、セキュリティの問題がないかチェックできるツールやサービスをご紹介します。

IPAのページをまずは参考に確認してみよう

https://www.ipa.go.jp/security/tools/index.html

リンク先アンチウイルスチェック

トレンドマイクロ サイトセーフティ センター

https://global.sitesafety.trendmicro.com/index.php

リンク先URLの危険性を無料でチェックできるWebサービス

VirusTotal

https://www.virustotal.com/ja/

疑わしいファイルや URL を分析する無料のサービスです。ウイルス、ワーム、トロイの木馬、あらゆる種類のマルウェアを素早く検出できます

grep

http://check.gred.jp/WebscanAction.action?page_type=

安全なサイトはgreen、危険なサイトはRedで危険をしらせてくれて、またリンク先までチェックをしてくれるツール

スパムサイトの確認

Google Serarch Console

Google の検索結果にスパム、有料リンク、マルウェアの結果と思われる情報が見つかった場合の対応策を提供

ドメインの安全性の確認

https://www.aguse.jp/

調べたいサイトのドメイン名を入力するだけで、そのサイトのいくつかの情報を取得してくれるツールです。

ブラックリスト以外にも以下のような情報の取得が出来ます。

URLスキャンの確認

指定したURLの Web サイトが安全かどうかをチェックすることができるセキュリティサービス
クッキー
Cross-origin Resource Sharing (CORS)
Content Security Policy (CSP)
HTTP Public Key Pinning (HPKP)
HTTP Strict Transport Security (HSTS)
リダイレクト
Subresource Integrity (SRI)
X-Content-Type-Options
X-Frame-Options
X-XSS-Protection

https://observatory.mozilla.org/

まとめ

(Visited 4 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする