スポンサーリンク

阪神の「くたばれ読売そーれいけいけ」でなく「頑張れ阪神そーれいけいけ」

元々セ・リーグ5球団にはアンチ巨人が多かったこともあり、巨人に批判的な態度を示すファンは多かったが、中でも最も過激な台詞がこのくたばれコールであります。

阪神の「くたばれ読売そーれいけいけ」でなく「頑張れ阪神そーれいけいけ」

くたばれ讀賣とは

東京ヤクルトスワローズの球団歌「東京音頭」のイントロ部分のコールである。

「讀賣」とは、読売ジャイアンツ(読売巨人軍)のことを指している。

「くたばれ読売そーれいけいけ」とは

現在は、阪神タイガースのファンによるものが有名になっている

こちらは攻撃開始時に応援団の吹くトランペットに合わせて「くたばれ讀賣そーれいけいけ」と叫ぶもので、本家と同じくどこが対戦相手であっても「くたばれ讀賣」とコールされていた。

くたばれ読売」の場合、ナベツネや読売新聞に向かって言っているみたいです。

くたばれジャイアンツとかクタバレ○○(選手名)とかなると、選手やチームに対する罵声に聞こえるのでそれはいけないと思いますけどね。

長年にわたり行われているため、阪神を応援する際の一種の恒例行事として定着してしまっている。

なぜジャイアントはくたばれ読売と言われるの?

古くから数々の事件に絡んでおり、FAで他球団のエースや四番が巨人に引き抜かれることが頻繁に起こっているため、「不祥事を起こした球団」「金でいい選手ばっかり取る」という、いわゆる悪役的なイメージが強いという下地がある。

事実、近年においても選手による野球○博問題が表沙汰になっており、FA移籍で入団した選手についても(一時期よりはマシになったが)今なお12球団の中では多い方である。

くたばれ読売を自粛する動きもある。頑張れ阪神そーれいけいけ

2008年シーズンからヤクルト公式応援団は自重し、「くたばれ讀賣」を「東京ヤクルト」に置き換えて歌うようになり、ヤクルトファンにも「東京ヤクルト」と歌うよう訴えるようになった。

すでに「くたばれ讀賣」が浸透してしまっていたためか、特に巨人戦では未だにこのコールをする者が多いものの、ヤクルトファンの「くたばれ讀賣」の声は徐々に小さくなってきているようです。

阪神タイガースの「くたばれ読売」

阪神タイガースの「「くたばれ読売そーれいけいけ」

まとめ

くたばれ、読売というのは本当に自粛してもらいたいですね。

(Visited 113 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする