各世代と比較して考える、いまどきの子どもたちに人気の部活動とは?

各世代と比較して考える、いまどきの子どもたちに人気の部活動とは?

野球、サッカー、テニス、陸上・・・と様々な部活動がありますが、みなさんは学生時代どのような部活動をしていましたか?

この記事では、各世代の人気部活動をまとめました。

人気部活動をまとめてみると時代の変化が分かり、面白い結果となっています。

ぜひ最後までご覧なってください。

今の10代に人気の部活動とは

まずは、現在の人気部活動を見ていきましょう!

男子の人気ランキング

1位 テニス
2位 卓球
3位 サッカー・フットサル
4位 野球
5位 バスケットボール

女子の人気ランキング

1位 吹奏楽
2位 バレーボール
3位 テニス
4位 バスケットボール
5位 美術・イラスト

各世代の人気部活動とは

男性の人気ランキング

20代

1位 サッカー・フットサル
2位 野球
3位 テニス
4位 卓球
5位 バスケットボール

30代

1位 野球
2位 サッカー・フットサル
3位 バスケットボール
4位 テニス
5位 卓球

40代

1位 サッカー・フットサル
2位 野球
3位 バスケットボール
4位 テニス
5位 バレーボール

女性の人気ランキング

20代

1位 吹奏楽
2位 テニス
3位 バスケットボール
4位 バレーボール
5位 バドミントン

30代

1位 テニス
2位 吹奏楽
3位 バスケットボール
4位 バレーボール
5位 バドミントン

40代

1位 吹奏楽
2位 テニス
3位 バレーボール
4位 バスケットボール
5位 陸上競技

昔と人気部活動はどう変わったのか

男子:人気部活動は野球やサッカーから変化

男性のランキングでは、10代の1位は「テニス」でした。男女ともにテニスはすべての年代でランキングに入っていますが、近年の人気は錦織圭選手の活躍などが影響しているのではないでしょうか。

また過去の世代では、常に人気1、2位を獲得していた野球ですが、近年は一気に順位を落としています。テレビのナイター中継が減ったこと、そもそもの若者のテレビ離れが、野球離れを助長していると思われます。ただ、大谷翔平選手のように海外で活躍する選手が増えれば、また人気になる可能性もあります。

もう1つ注目したいのが、30・40代でバスケットボールの順位が他の年代と比べて高くなっている点です。これは「スラムダンク」の影響と考えられます。このようにアニメや漫画が人気部活動に影響しています。

女子:アートなどが人気になってきている

女性のランキングを見てわかるとおり、「吹奏楽」が全世代で1・2位でした。

印象的なのは、10代の5位「美術・イラスト」で、近年はダンスや美術などアートやデザインが人気になっています。

パリ五輪では「ダンス」が新種目として追加されていますし、これからダンスはますます人気になることが予想されます。

まとめ

この記事では、世代別の人気部活動についてまとめました。

かつて野球やサッカーは絶対的な人気がありましたが、テレビ放送が減ったり、オリンピックやアニメの影響から他のスポーツの人気が高まっています。

パリ五輪で注目され、人気になる部活動も変わってくるのではないでしょうか。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me