インターネット回線での安全性の向上の仕方

インターネット回線での安全性の向上の仕方

現在のデジタル社会ではもうなくてはならないインターネット。近年サイバー犯罪も増えてきており、インターネットの回線の安全性が懸念されてきています。とくに無料でアクセスできる喫茶店や空港でのWi-Fiのインターネットではアクセス自体筒抜けになり、サイバー犯罪の餌食になる可能性があります。今回は、どのようにインターネットの安全性の向上できるかを解説していきます。

安全性の向上はVPN

インターネットでの接続の安全性を高めてくれる手段として、一般的な技術の一つがVPNです。VPNを使うことにより、インターネット環境のあらゆるリスクに備えることができ、ネットワーク接続のセキュリティ向上もしてくれる優れものです。

VPNとは?

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、2つのコンピューターネットワークの間で安全な仮想な回線を作り、安全にデータを転送する技術です。部外者からのアクセスを極めて難しくして安全性を向上してくれます。

実際にはデータを暗号化し、部外者からのアクセスも暗号化のおかげで防いでくれます。

また、IPを変えることもでき、海外にいても日本のIPを使用することができます。

いつ使えばいいの?

インターネットでのアクセスで一番危険なのは、不特定多数が利用するインターネット環境です。ですので、無料でアクセスできる喫茶店や空港のWi-Fiには気をつけましょう!メールや銀行といった、ログインでのデータの盗聴やアクセスの脆弱性を狙ったサイバー攻撃などのリスクが多く潜んでいます。もし、このようなWi-Fiをよくご利用されているようでしたら、VPNを使うことをおすすめします。

企業でも安全性のため使用してる

複数の拠点、もしくは海外進出している企業では、よくVPNを活用しています。主に各拠点間での機密情報のデータの共有やデータの閲覧などに使用されています。

近年での働き方の改革での対応にも使用されていて、VPNを使うことによって自宅から会社のデータが閲覧することにより、業務効率化や時間や場所を制限しない働き方を実現することができます。コロナ禍での在宅勤務にはぴったりなツールでもあります。

無料で使えるVPN

このように利便性が高いVPN 無料でお試し期間として使うこともできます。中でも、ExpressVPN、ProtonVPNなどのVPNに特化したツールもあれば、アバスト VPNやカスペルスキー VPNなどの主にセキュリティソフトウェア会社が提供しているものもあります。

安全性を高めるとう言う点では、どのVPNでも効果はありますのでおすすめです。無料のVPNの場合は有料版と比べて制限などもありますが、十分役割を果たしてくれます。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me