上から目線アドバイス・マウンティング前提の質問対処法

先日飲み会で「家を買おうとは考えていないの?」という質問をされました。普段絡みがなく少し面倒だったので「まだ考えていないんですよね」という返答をすると「何で考えていないの?家買ったほうが良いよ!!(以下略)」。で、出た!!聞かれてもないのに一方的自慢!!コンサルですか?コンサルティングしたいなら質問せずに初めからそういえばいいのに。

よくある例

書き出したらきりがないですが、思いつくのはこんな感じですね。特徴としては、返答をするとこれぞとばかりにすぐに批判・コンサルモードに入ること。絶対自慢する準備していたでしょ?

・「休みの日勉強している?」→「趣味に没頭してます」から始まる勉強自慢
・「彼氏いないの?」→「いません」から始まるモテコンサル
・「転職考えていないの」→「考えていません」から始まる転職コンサル
・「貯金ないの?」→「ありません(投資してるけど)」から始まるファイナンシャルプランニング
・「料理してるの?」→「していません」から始まる妻・母の手料理自慢
・「ご主人何してるの?」→「会社員」から始まる夫マウンティング

何故か上の立場の人には質問しない

このような質問をするのは上司→部下、先輩→後輩、おっさん→若手女子のような傾向があります。立場を利用してドヤるなんてダサい。

本人はマウンティングのつもりはない場合も

厄介なのは質問する本人たちに自覚がない場合が多い。考えられるのはこの2つの理由ですね。

・本当に成長して欲しい
・本気で心配している

対処法は?

気にせず聞き流す

絶対に同調せずに「へえ、○○さんはどうなんですか?」「私の話は良いので○○さんのお話を聞かせてください!」と逆質問して相手に話をさせる。相手はキター!と言わんばかりに自分の話をします。何か意見を求められることもあると思いますが「参考になりまぁす!!」「それは1つのメリットですね」と否定もしつつ同意もしない返答をしておけばOK!
やってはいけないのは絶対行動を約束する、取り入れるとは言わないことです。絶対に「この前のアドバイス実践した?」「俺の言った通りやろ」と進捗確認してきます(仕事の進捗確認は怠るくせに)

ただ再びターゲットにされてしまう可能性はあります。

Twitterを勧める

マウントしたがりの人はTwitterでも勧めておきましょう。

マウンティングされないようにする

これができれば良いのですが、どうすれば良いのでしょうか?普段から見た目をリア充っぽくしたり、反論するなど「言語化できる能力を身につけていること」が重要です。自分より少しでも上にいると思ったら奴らは攻撃をしてきません。(恨み節)

まとめ

マウント取りたい人、コンサルしたい人って一定数いますよね。この現象に名前をつけたい。。

(Visited 38 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする