レキソタン とデパスは人気比較・違いは?サラリーマン向けは?

こんにちは、ウェブラバーです。

抗うつ効果のある安定剤は「セルシン、レキソタン、デパス」の3つあります。

レキソタン の特徴は?

レキソタンの最大の長所は眠気が少ないこと。長期作用型であること。2mgを1日2回で効果があります。

デパスの特徴は?

デパスは短期作用型で、眠気が強い。睡眠薬として処方する病院もあります。緊張型頭痛などには効果大ですね。

どちらもよく効く薬といえますが、レキソタンの方が眠気が少ない分使いやすいと思いますね。

飲める量は?

通常、レキソタンは1615mg、デパスは13mgが処方されることが多いので、日常的な処方量で比較すると、レキソタンのほうが「強い薬」ということになります。

サラリーマンはレキソタン が眠くならなくてよい

デパスは眠気が強いので、昼間のむと仕事に支障をきたすことがあります。0.5mg錠ならさほどでもないかも。

レキソタンは長期作用型なので、1日2回の服用で効果がでます。がデパスは普通は0.5mgを1日3回が限度かな?

睡眠薬としてはデパス

睡眠薬としてデパスを使うなら話は別ですが。レキソタンは2mg錠と5mg錠がありますが、普通は最初2mg錠を

1日2回から始めます。これなら安心して生活できます。

まとめ

人間らしく生きるためには必要な場合もあるかもしれません。

(Visited 71 times, 7 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする