ライブラリ管理はMAVENで利用する。

構成管理でライブラリ管理がありますがMAVENを利用することでのメリットです。

ビルドを行うのはたいへんなので

MAVENとは?

Apache Maven(通称Maven)は、Java用のオープンソースプロジェクト管理ツールです。ビルドツールであるApache AntのようにXMLで記述することにより、プロジェクトのビルドやデプロイ、テストレポートなどの生成を簡単に行うものです。
 Mavenではソースやjarをpom.xmlの指定に従いリポジトリから自動的に取って来る。
リポジトリにはwell knownな公開のものもあるが、企業内などでローカルに立てることもできる。

Mavenは、デグレ防止に使える

・コンパイル対象のソース以外に、Mavenリポジトリというインターネットに公開されているサーバから、コンパイルの前提として必要とされるライブラリの適正バージョン(「ソースコード互換性のある限り、最新版」等の条件)を選んで、適切なディレクトリ構成にダウンロード&複製して、コンパイル&リンケージ相当(jarファイル作成とか、J2EE向けのwar/earファイル作成他、色々な加工)して、ツイデにデグレート防止用のサンプルコードを実行することもできる。

MAVENは以前のバージョンにすぐ戻せる

SubversionやGitによるtag運用でもバージョン管理は行えますが、以前のバージョンに戻してすぐにリリースを行ったり、使用するライブラリバージョンを適用するタイミングをコントロールするということは行えません。

これには、ライブラリ管理が必要であり、コンパイルすることにより生成されたjarやwar、exeファイルなどの成果物を保存し、必要なときに取得できる仕組みです。

イブラリ管理はインターネット上のMavenリポジトリが有名ですが、プロダクトコードの成果物はインターネット上に置けないことが殆どですので、Maven ArchaivaやArtifactoryなどのツールを使用して開発環境にライブラリ管理を立ち上げることができるのえす。

MAVENは一度設定すると2回目以降は同じようにできる。

ビルドツールの役割そのままだけど。
何人かビルドする人がいる、開発期間に間が空く、という時、一度設定すれば2度目以降は全く同じようにできる。


(Visited 12 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする