【呪術廻戦】あらすじや人気の理由を解説!

【呪術廻戦】あらすじや人気の理由を解説!

2022年上半期を賑わせた映画といえば、呪術廻戦を思い浮かべるのではないでしょうか。アニメにおいても、呪術廻戦 2期の放送が発表されて大きな話題となっています。

しかし、呪術廻戦が人気だと聞いたことがあるけど見たことがない方、もしくは映画は観たけど漫画やアニメのあらすじは知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事では、呪術廻戦あらすじと共に人気の理由を解説していきます。

記事を読み終わった後に、漫画やアニメを見たいと思っていただけるよう、ネタバレはしていないため、ぜひご覧ください。

【ネタバレなし】呪術廻戦 あらすじ

まず、アニメ第1期の内容に基づいて、呪術廻戦 あらすじをネタバレせずにご紹介します。

主人公は、普通の高校生活を送っていた虎杖悠仁というキャラクターで、50m走3秒、砲丸投げ30m(世界記録は23m37)という驚異的な身体能力を誇ります。そんな虎杖悠仁ですが、先輩が手に入れた、呪いの王と呼ばれる両面宿儺の指をきっかけに、呪いと対峙することに.

虎杖は、呪いの化け物から先輩を救うために、両面宿儺の指を喰らい、己の魂に呪いを宿すことになってしまいます。

両面宿儺の呪いが宿った虎杖は、秘匿死刑が告げられます。しかし、虎杖は、呪術高専の教師である五条悟からの提案により、正しい死を求めて、呪いを生む両面宿儺の指20本を全て身体に取り込んでから死ぬことを選択します。このような流れから、人間を死へと導く呪いを祓うための物語が始まります。

呪術廻戦のココがハマる!人気の理由5選

呪術廻戦 最新刊は19巻で、累計発行部数は6,500万部を突破しており、その人気の高さがうかがえます。呪術廻戦がここまで世間を賑わせるのには理由があるはずですよね。ここでは、呪術廻戦が人気である理由を5つご紹介します。

呪いと死をテーマにしたダークファンタジー

呪いと死という言葉を聞くと、ネガティブなイメージを抱く反面、非日常的なワードで興味を持つ方も多いのではないでしょうか。呪術廻戦のキーワードは、呪いと死です。正しい死を求めるために、命をかけて呪いと敵対する虎杖たちの姿が魅力的なストーリーとなっています。

推しを迷ってしまうほどの個性的なキャラクター

呪術廻戦では、異なる呪いを操り、性格も個性的なキャラクターがたくさん登場します。ダークファンタジーながら、ギャグシーンも織り交ぜられており、推しキャラに迷うこと間違いなしです。中には、両面宿儺がかっこよくて推しキャラというファンも。

また、ストーリーが進んでいくにつれて、それぞれのキャラクターが己の術式を極めて成長していく姿も魅力的です。

誰もが真似したくなる術式技やセリフ

呪術師や敵の中でも、限られたキャラクターが繰り出せる「領域展開」という呪術の極地技が存在します。領域展開する際の動作は、シンプルかつキャッチーなものであるため、友達との間でも真似し合って楽しむことができます。

また、節々に描かれるキャラクターのセリフが、特徴的かつかっこいいです。そのため、YouTubeなどでは、コスプレして真似している動画を多く見かけます。

誰が死んでもおかしくない戦闘シーン

呪い同士の戦闘であることもあり、死を意識するシーンが多いことも、呪術廻戦の特徴です。さらに、作者の芥見下々先生自身が「作品が面白くなるからキャラは殺す」との発言。味方でも死ぬことがあるかもしれないということが念頭にあるため、より緊張感を味わえる戦闘シーンになっています。

ハイクオリティな作画・BGM・OP/ED曲が揃ったアニメ

呪術廻戦のアニメ制作会社はMAPPAで、最近では進撃の巨人も手がけています。呪術廻戦のアニメも綺麗に仕上がっており、特に戦闘シーンの臨場感は圧巻で、MAPPAの本気度が伝わってきます。

また、アニメのBGMも呪術廻戦にマッチしており、オシャレかつかっこいい演出を際立たせてくれます。OPやEDの曲も人気が高く、最初から最後まで呪術廻戦を堪能することができます。2023年放送予定の呪術廻戦 2期も、どのような仕上がりになるか楽しみですね。

まとめ

この記事では、呪術廻戦あらすじをネタバレなしでご紹介し、呪術廻戦が高い人気を誇る理由を解説しました。今まで呪術廻戦を見たことがない方でも、興味を持つことができたのではないでしょうか。呪術廻戦 最新刊の19巻まで一気読みして、ぜひ呪術廻戦にハマってみてください。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me