FX業者の資金管理方法! 信託保全とは?

FX業者の資金管理方法! 信託保全とは?

これからFXを始めようと思っているFX 初心者の方の中には、どのような証券会社を選べばよいのか迷っているという方も少なくないと思います。そのような方向けに、こちらの記事では海外FX業者の中でも評判の「XM Trading」という業者を例に挙げながらFXの基本的な情報をみていこうと思います。

XM Tradingとは?

XM Tradingとは、Tradexfin Limitedという運営会社の下で日本人向けに提供されるFXのサービスです。FX初心者の方でも使いやすい仕様とサービスが魅力で、日本語サポートも充実しているため安心感も得られます。

FX業者の資金管理方法

FX業者は、信託保全と分別管理という方法でトレーダーから預かった資金を管理しています。日本国内の業者にはこの2つの管理方法が義務づけられていますが、海外FX業者の場合、そのやり方は業者に一任されているため、業者によっては会社の運営資金とトレーダーからの資金の区別が曖昧になり、万が一その会社が倒産した際に資金が返ってこないということも・・・。XMでは、信託保全と分別管理のうち分別管理でトレーダーの資金を守るための取り組みがなされているため、比較的安心して資金を預けることができると言えそうです。

信託保全とは?

信託保全とは、FX業者がトレーダーから預かった資金を信頼できる銀行の信託口座で(FX業者以外の信託銀行等が)管理することです。そうすることで、万が一その企業自体の運営が傾いたり、倒産してしまったり、企業の資産が差押になってしまった場合でも、トレーダーから預かった資金は信託銀行を通じて返還されるという仕組みになっています。つまり、FX業者に何かあった際にトレーダーを守るための仕組みですね。信託保全がなされると、第三者が顧客資金を管理するということになるので、資金を業者が勝手に動かすことが難しくなるため、安全性が高いということになります。

分別管理とは?

分別管理というのは、FX業者が保有している資産とトレーダーが預けた資金を別々に保管することで、顧客資金をFX業者の運営資金には使わないという管理方法です。この方法であれば「FX業者がトレーダーの資金を使って運営を行う」ということはなく、またFX業者の運営が続く限り分別管理された資金がなくなることもないと言えます。この分別管理の方法には、次の3つの方法があります。

  • 信託保全
  • 他の金融機関へ預ける
  • FX会社の社内にある別々の金庫に保管する

信託保全と分別管理の違いをご理解いただきながら、FX業者選びの参考の一助となれば幸いです。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me