堀江貴文「多動力」を読んでみた!

Amazonプライムリーディングで堀江貴文さんの「多動力」が読み放題の対象(201881日現在→2018/11/02現在は対象ではありませんになっていたので読んでみました。少し前に発売された本ですが実践してみようという点がいくつかありました。
本業1本の時代ではない?「多動力」とは?

イチローや三浦知良氏のように本業が超一流を持つ人は別ですが、才能を持たない人が1つの仕事にとらわれることは危険と述べています。ホリエモンが提唱する「多動力」を身に着けることで人生は充実し人生を大きく変えると述べています。

肩書きの掛け算で最強人材に

NewsPicksの佐々木紀彦編集長の例を挙げて、複数のわらじを持っている人間はレアな存在になると述べています。佐々木氏は東洋経済新聞社では記者を経験していましたが、NewsPicksでは編集長やマネタイズ(収益化)の担当まで兼ねています。記者・編集者それぞれができる人間は珍しくありませんが「取材×編集×マネタイズ」できるため相乗効果が生まれレア人材になるそうです。ホリエモン曰く、「肩書が3つ以上ない人は反省すべき」だそうです。

すべての仕事で100点を取らなくてもいい?

冒頭で「1つ1つの仕事に全力投球しなければ不誠実だ」と考えるのは馬鹿で、実はそういう人間ほど仕事量もこなせず、量も質も悪かったりすると堀江氏は述べています。外注や手抜きをする、空いた時間は新しいことを始めるべきと。

確かに本人は全力投球で仕事をしているつもりでも他人から見たら自己満足な事はあるかもしれませんね。スキルをつけるため全力投球で仕事をするのは私も肯定しますが、ある程度の期間が経過すれば客観的に見てアウトプットがでているのか、外注しても問題がないかなど振り返るべきだと思います。

見切り発車でOK、思いついたらすぐに始める

準備ができてから始めるのではなく、見切り発車で後で修正するというスタンス。

年末に忘年会などで「来年の目標は〇〇!」と宣言する人もいますが目標を立てているならすぐに始めたらよいのにと思います。キリが良い時から始めて何か意味があるの?と言いたくなってしまいますね。私も11月から知人に勧められて即ドメイン登録し無料ブログを経ずに某ブログを立ち上げましたが、年が明けてから始めていたら熱意も冷めていたでしょうね。

飽きたことノートを作る

飽きることを肯定的に考えられています。小学校時代は百科事典を読み漁り、中高生時代はインターネットにはまり、大学時代は麻雀と競馬に没頭したという堀江氏。

ただ一般人がそのまま鵜呑みにするのは危険な気がしなくもないです。堀江さんは着手したことは短期間でものすごい勢いで熱中し、80点の成果をすぐに上げられると思いますが、一般人は20点ぐらいの成果になる気がします。

「知らないことは聞く」「基礎教養を身に着ける」

堀江さんの知識や質問力は的を射ているなと思うことがありますが、知らないことは恥と思っておらず、すぐ聞いたりその場で調べるそうです。教養として基礎知識は身に着けているそうですね。

私は以下の本屋に行って定期的に情報収集をするように心がけています。

東京都内で未購入の本がよめるカフェ

「質問力を磨く」

堀江さんによると、「FAQでわかる質問をしてくる」「論点がごちゃ混ぜになっている」「前提条件がはっきりしない質問」「不要な情報(自己紹介や主観)が入っている質問」「答えが決まっている質問」は愚門であると述べています。

「99%の会議は無駄」

目的がなくなって惰性で定期的に開催される定例会議ってあるんですよね。営業であれば数値を達成するためにどのような行動を取るべきかを話し合うのが会議のはずなのですが、つるし上げ会議になってしまい、会議でいかに批判されないかを考えてしまう人が多いのではないでしょうか。「何を決めるのか」「自分の感情論を持ち込んでいないか?」を気にするべきと述べています。

「基本は即レス」

サイバーの藤田社長や幻冬舎の見城社長を例に挙げ、忙しい人ほど返信が早いと述べています。

仕事でメールがなかなか返ってこない人っていますよね。完璧な返信を期待しているわけではなく、Yes、No、検討中・・など一次回答が欲しいだけなんですけどね。そんな私も若手の時に完璧な返答をしようとして返信を忘れてしまうことがありましたが、今では単語登録などして効率化を図るようになりました。

その他

その他以下のようなことを述べていました。

「付き合わない人間のタイプを明確にする」

「カルピスの原液になる」

「最低でも6時間寝る」

「ストレスをためない」

まとめ

今の時代は1つのことだけ極めていてもそれが倒れてしまうことなんてよくありますからね。思いついたことはすぐに始めてみようと思いました。

(Visited 65 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする