スポンサーリンク

Twitterで動画の効果2019!TVより将来性や今後の可能性があるか?

こんにちは、ウェブラバーです。

広告コンテンツに限らず、ツイッター上で動画を楽しむ行動が当たり前の世の中になってきました。

 個人や動画投稿の機会が増え、twitter動画を視聴する人も多いのではないでしょうか。

TVでの広告がSNSでの動画広告を大手でも行うようになってきた

テレビCM偏重だった大企業の広告主がSNSで動画広告を配信するようになった。

 その中で、ツイッターは知り合い同士ではなく、興味や関心で利用者同士がつながっており、利用者は「面白いからこれを見て」と投稿します。

 企業にとっては広告コンテンツなどを通じて自社製品などがそのように投稿され、話題になるのが一番よい。

インフルエンサマーケティングの一つでしょうか。

Twitter動画の将来性は?

Twitter2017年から2018年にかけて非常に売り上げを伸ばしていますが、その大きなソースは日本の大手広告主です。

特にテレビをよく使っている広告主の伸びが大きいと聞きます。

それでは、twitter広告が効果的な理由は何故でしょうか。

Twitter動画広告が効果的な5つの理由

4500万人へリーチすることが可能な媒体

2017年10月27日には、日本のTwitterの月間利用者数が4500万人を超えたそうです。

TVとの連動や、ながらユーザーに効果的なリーチが可能

Twitterの最近の調査により、テレビとTwitterで同時に広告を表示すると効果が高いことがわかっています。同社の調査では、Twitterとテレビで同時に広告を表示したところ、96%以上の人がキャンペーンを記憶し、33%以上の人が購入を検討していると回答したそうです。

リアルタイム性でインタラクティブな高校

テレビでの話題がTwitterのリアルタイム検索の上位に表示されますよね。

 TVでの認知とTwitterでのアクションを組み合わせれば、これまでテレビCMでは出来なかったインタラクティブなマーケティングが可能となります。

タイムラインの動画はブランド認知に有効

Twitterのタイムライン上での動画はユーザーを惹きつける効果があります。テキスト中心のタイムライン上において動画がブランディングに効果的であることを示しているといえます。

短い尺の動画広告が効果的

Twitterでは短い動画ほど記憶に残りやすいと言う結果があります。

まとめ

twitterはまだ文字ばかりですが、動画があるとブランディングとしても効果的ですね。

(Visited 63 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク