リバースモーゲージのデメリットは?トラブルにならないように

まだまだ普及しているとはいえないリバースモーゲージというシステムのメリットや問題点があるのでしょうか。

最近の相続の現場では親の家は人気がないという。かつては「高嶺の花」だった郊外戸建て住宅は、いまどきの共働きがあたりまえの子供世帯にとってはなんの魅力もない

リバースモーゲージとは

「持ち家のある高齢者が、その家を担保に老後の生活費などを一時金または年金形式で借りられる貸付制度」のこと。

リバースとは「逆」、モーゲージとは「抵当」を意味する英語です。一般に自治体が運営していたり、銀行などが金融商品として扱っています。

一見メリットだけにみえる話だがデメリットはあるのだろうか?

リバースモーゲージのメリットは自宅を売却することなく融資が受けられる

 もっとも重要なメリットともいえます。不動産(持ち家)があっても、年金収入が少なく手元資金が少ない場合などは、リバースモーゲージの活用は有効でしょう。

融資額は住宅に応じて決められますが、一括で受け取る場合と年金のように毎月受け取る場合があります。

リバースモーゲージのメリットは生活資金以外に利用できる

 資金使途については、自由型と限定型があり金融機関により異なります。自由型であれば、生活資金に限らず旅行費用やリフォーム資金などに使うことも可能です。老人ホームなどの入居一時金に充てる人もいるようです。

リバースモーゲージのメリットは利用時の収入要件等が比較的緩やか

 利用できる年齢は金融機関により異なる(55歳あるいは60歳以上などが多い)ものの、利用時の収入要件等は住宅ローンなどと比べ、さほど厳しくありません。

 上記以外にも、本人生存中は返済義務がない(利払いのみ行う場合もあります)こともメリットとして挙げられるでしょう。

リバースモーゲージのデメリットは?

郊外戸建て住宅地はいま、急速に高齢化が進み、都心居住が強まる中、その資産価値は下がり続けている。とりわけ駅からバスでアクセス、都心まで1時間以上もかかるような家はいざ相続となった時に簡単には売却できない、というリスクが今後急速に高まってくることが予想される。

肝心なのはリバースモーゲージの結果として「借金まみれ」になった親の家を最後に売却して返済するのは、どこまでいっても子自身であるということだ。ニコニコと銀行員の話を聞く親の傍らで「ま、親父の家なんだから好きにすればいいんじゃね」なんて鼻をほじっているバカ息子、アホ娘になってはならないのだ。

リバースモーゲージのデメリットの金利上昇リスク

リバースモーゲージの金利は一般的に「変動金利」が採用されています。

そのため世の中お動きに応じて金利が変動しますので、金利が大幅に上昇してしまうと毎月の金利支払額が高騰してしまったり、場合によっては契約期間の途中でも貸付金額の上限に達してしまうことが考えられます。

この場合もやはり返済を迫られて自宅を失なうリスクがあります。

まとめ

世の中、おいしい話には裏がありますね。

(Visited 6 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする