住宅ローン控除は世帯年収800万円だといくら戻る

こんにちは、ウェブラバーです。

 サラリーマンはお給料やボーナスから税金が差し引かれていますが、「控除」が受けられ、払い過ぎた税金を返してもらえますよね。

 「住宅ローン控除」は他の控除より税金の戻ってくる額が大きく、なります。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、住宅借入金等特別控除と呼ばれる制度の通称であり、マイホームをローンで購入した場合に、その年末残高の一定割合に相当する金額が所得税から控除される制度である。

各年の控除限度額は40万円(認定長期優良住宅等の場合は50万円)となっており、原則として所得税から税額控除される事となる。

借り入れした住宅ローンの年末時点の残高の1%分、その年払った所得税の還付を受けられたり、来年支払う住民税が減ったりする制度です。

住宅ローン控除を受けることができる条件は?

  • 合計所得金額3,000万円以下所得なので年収ではありません。年収から各種控除を引いた後の額が3,000万円以下である必要があります
  • 住宅ローンを10年以上借りることバリアフリー改修促進税制、省エネ改修促進税制の場合は5年以上です。
  • 新築する、購入する床面積が50㎡以上増改築その他の場合は50㎡以上必要です
  • 住宅ローンの借り主が自分で住むこと自分以外の誰かが住む、例えば子供や親が住む家を自分名義の住宅ローンで借りる場合は対象になりません。

住宅ローンには所得税から住宅ローンの控除ができる

住宅ローンの返済がまだ終わっていない場合、所得税から住宅ローンの控除を行うことができる仕組みがあります。

住宅ローン控除は、正しくは住宅借入金特別控除といいます。

400万円が最高だという言い方をされるので、お得な控除システムだという印象があるかもしれませんが、所得税からそれだけ差し引くことができるという話なので、400万円得をするとは限りません。

所得額より控除額が多かったとしても、0円以下の金額にはなりません。条件に沿った控除額でなければ、所得税から引き算をすることはできません。

住宅ローンを組んだ時期や、別の所得税控除が適用されているかどうかもあります。

住宅ローン控除でいくらお金は戻ってくる

住宅ローン控除は原則として「住宅ローンの年末残高の1%相当」できます。

下記のサイトで計算できます。

http://sumai-kyufu.jp/simulation/kantan/

住宅ローンを組むときに重要になるのが住宅ローン控除が必要だけで無理して利用するほどでもない

住宅ローンを組む時に、住宅ローン控除についても考えておきましょう。

条件とは、住宅の床面積、居住を始めた期間、年間所得、住宅ローンの返済期間などです。

自分で買った家でも、転勤などで住めなくなると、住宅ローン控除は使えませんが、家族が住んでいるならば問題ありません。

住宅ローン控除を利用するつもりであれば、条件をクリアしているかを確認しましょう。

住宅ローンの控除は、借り入れ金額を増やしたり、融資時期を無理に変えたりというほどのことではありません。

住宅ローン控除については、無理してまで利用せずに、たまたま条件が合えば幸運くらいの心積もりでいたほうがいいようです。

まとめ

住宅ローン控除は35年ローンの場合、10年間で当初借入額の8~9%相当くらいになると見込んでおくと良さそうです。

(Visited 23 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする