アラフォー中年男性おじさんは太る!?アラサーと違う!食生活・体脂肪が!

多くの人が、年齢を重ねるに従って、自分の体重が増えてきているのではないでしょうか。

アラフォー男の魅力を増すためには体重を意識しなければなりませんね。

どうすれば太らないですむのでしょうか。

なぜ年齢があがると太りやすくなるのか?

年をとった時に太りやすくなくるのは、基礎代謝が下がっているためです。人間は、安静にしている時でも、身体機能を維持するために、カロリーを消費しています。

体重が増えたり、体脂肪が増えることは、基礎代謝が低くなり、最低限消費するエネルギー量が変わることと関係があるわけです。

基礎代謝を下げない方法を考える必要がある!たんぱく質をとる食事をしよう。

年齢を重ねてから、体重が増えないようにするには、基礎代謝を下げない方法を考える必要があります。

昔は、ダイエットを考える必要が全くなかったという人でも、年をとれば基礎代謝は下がっていきますので、体重が増える可能性が高くなっていきます。

人間の食生活で欠かせない3大栄養素は、炭水化物、脂質、たんぱく質です。

脂質と、炭水化物は、生命を維持し、体を動かすために必要なエネルギーを供給してくれる栄養成分です。

使い切れないほどの炭水化物や脂質を摂取していると、余ったカロリーは体脂肪になって、体重増加の一因になります。

摂取するカロリーがその日の体の動かすための消費カロリーと同じならば体重の増減がありません。

体脂肪が増加することで体重が増えるのですが、体脂肪増加の理由は、1日で使い切れないカロリーを食事で摂取するためです。

食事からたんぱく質を摂取することで、体をつくるための素材を補給できます。

食事内容を考えよう!食事の多さだけでなく偏りも意識する必要がある

年をとったら太ってきたという人は、基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらない食事をしている可能性があります。

体重が増える食事をしている人は早めの見直しをすることが必要です。

単純に量が原因になっていることもありますが、栄養の偏りが極端な食事をしているせいで、体重が増えているという人もいます。

食事で摂取しているカロリーの量も気をつけなければいけませんが、そのほかにも、栄養の偏りがあるかどうかも、関心を持つべき点です。

運動の習慣を作ろう

運動の習慣をつくることで、基礎代謝の高い体になるようにしましょう。身体の筋肉を増やし、基礎代謝をアップさせたいという場合は、運動といってもさほどきつい内容にすることはなく、ダンベルを使ったエクササイズや、バランスボールの運動等で事足ります。

筋肉をつけるために筋トレを行って、基礎代謝の高い体になることで、ダイエットがしやすくなります。基礎代謝の向上を目指して筋トレを行う場合は、面積の大きい筋肉を強化するといいでしょう。おすすめは背筋、腹筋、大腿筋などです。

筋トレに不慣れな状態で、過度の負担をかけすぎると筋肉にダメージを与えることがありまえので、スタート時は軽い運動から行っていきます。

年齢を重ねると基礎代謝が下がり、そのせいで体脂肪が増えやすくなるという点を理解した上でダイエットをすることです。

基礎代謝をあげるには筋トレが必要

筋肉を増やせれば、それだけ基礎代謝がアップします。筋肉量が増えると基礎代謝が向上して脂肪が燃焼されやすくなりますが、筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉質の体になれば体重が増えるということになります。

脂肪があまり減っていない状態で、筋肉が多くなると、差し引きで体重が増加するということもありますので、十分に注意をしてください。

もしも、体重を増やしたいと思っているなら、脂質、たんぱく質、炭水化物を多めに摂取するといいでしょう。反対に痩せたい時には、たんぱく質を摂って筋肉をつけつつ、糖質や脂質は控え目にします。

まとめ

いつまでも若いといたいと思いませんか。年齢を重ねるにつれ、体重がましても昔のようにやせることはできませんよ。

(Visited 10 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする