Subversion の基礎勉強 リポジトリ作成方法

こんにちは、ヨシラバーです。

Subversionにおいて、リポジトリを作成する方法です。

リポジトリ用のディレクトリを作成

Subversion でバージョン管理を行うためにリポジトリを作成します。

リポジトリとは

Subversion で管理されるソースコードやファイルを格納する場所のことです。この格納場所を作成しなければ開発に進むことはできません。

それではディレクトリを作成します。

リポジトリ用: c:workreposにして作成します。

C:\>mkdir work

C:\>cd work

C:\work>mkdir repos
C:\work>svnadmin create c:\work\repos\project1

trunkやtagsやbranchesフォルダを作成

C:\work>mkdir tmp

C:\work>mkdir tmp\trunk #Subversionの作法で作成するフォルダ

C:\work>mkdir tmp\tags #Subversionの作法で作成するフォルダ

C:\work>mkdir tmp\branches #Subversionの作法で作成するフォルダ

C:\work>echo “Sample Project readme file” > tmp\trunk\readme.txt

# -m はコメントを意味します。先ほど作成したリポジトリにインポートします。

C:\work\tmp>svn import file:///c:/work/repos/project1 -m “initial commit.”

追加しています

tags 追加しています

trunk 追加しています

trunk\readme.txt

追加しています branches

(Visited 32 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする