金利上昇や量的緩和とは?わかりやすく説明!

日本銀行の「量的緩和政策」や金利上昇などニュースで耳にしますが、何の事だかよくわからない。何やら景気を良くするものといったイメージはありますか?

関係性はどういうことなのでしょうか。

金利上昇や国債の買い入れ

8月2日に金利が一時0・145%をつけ、1年半ぶりの高値となった。これを受けて日本銀行は急きょ、予定になかった異例の国債の買い入れを通知した。

このニュースはどういうことなのでしょうか。

量的緩和策や国債買い入れとは?

市場にインフレ期待を生じさせ、実質金利を低下させて設備投資などを促したり、金利の引き下げではなく市中銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行う金融政策

具体的には?

日本銀行が民間金融機関から国債や手形を買い取ります。

その分だけ日本銀行当座預金の残高が増える。民間金融機関は、この預金残高に比例した金額を企業に融資したり、当座預金そのものを資金として運用することができる。その結果、市場に出回る通貨の量が増加する。

これを下げると金利が下がるのです。

量的緩和と金利の関係は?

金融緩和で金利の引き下げを行います。貸出金利が下がると、企業や個人は、お金を借りて、
設備投資や、大きな買い物をしやすくなります。

そうすると、経済が活性化します。

つまりは、現在は金利を大きく下げているのは、それが原因です。

まとめ

現在は、土地の値段は高いとはいえ、金利が安いです。将来的には土地の値段は下がるとおもいますが、金利はあがるのでしょうか。

それもどちらか分かりませんが、お金の知識がないと生きていくには大変な世の中ですね。

学校では教えてくれません。

(Visited 12 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする