ロングテールSEOの戦略は初心者にお勧め!やり方は?

アフィリエイトは初期投資がほとんど掛からないビジネスです。誰でも始めることができるので、参入障壁は無いといっても過言ではありません。

ただ、収入を得られるまでには時間がかかるため、挫折してしまう人が多いのも事実です。そんな方々にお勧めしたいのがロングデールを利用したアフェリエイターです。

ロングテールSEOとは?

ロングテールとは、「裾が長い」とも表現されます。ニッチなキーワードのことを狙うことです。

  • 被リンクに依存しない
  • 特定キーワードに依存しない
  • 記事数とテキスト量でテール(スモールワード)のアクセスを狙う

検索意図が明確なスモールキーワード、あるいは完全に予期せぬニッチキーワードを拾って集客しようっていう戦略です。

ロングテールは競合が少ないため上位表示を狙いやすいのです。

Amazonのロングテール方式

上記がAmazonのロングテール方式です。

Amazonは人気商品だけでなく、誰が買うのかよくわからないようなニッチな商品も取りそろえることにより、他のサイトには無い爆発的な売上をあげるようになったという有名な話です。「多くの人々に検索されるわけではないけれど、取り扱っている人も少ないから、そこを狙う」方式です。

ロングテールで稼ぐ方法は?

手順としては下記がよいのではないでしょうか。

  1. ロングテールを拾ってサイト評価を高める
  2. 記事数を増やして流入を多くする
  3. SNSという加速装置を使う

競合が強いジャンルであればあるほど、ミドルワード・ビッグワードで表示するのは至難の技です。ロングテールで競合の少ないニッチワード(スモール〜ミドルワード)のことを指しています。ここであれば、サイト開設直後であっても検索エンジンからの流入を狙えます。

ただ、ロングテールは忍耐が必要です。月に1回、年に1回しか検索れないようなワードまで含まれてきます。ビッグワードやミドルワードで上位表示できれば一気にアクセス数が増えますが、実際の所、ビッグやミドルで上げるのは本当に大変なのです。

記事数はできれば100記事欲しい

記事数だけを意識してがむしゃらに書けばいいというものではないです。

1記事あたりの文字数は2000〜3000文字

1記事あたりの文字数は2000〜3000文字くらいは欲しいところです。長文が必ずしも良いとは限りませんが、現在のSEOでは長文で網羅的に書かれている記事の方が高評価を得られる可能性が高いのです。

SNSでの加速させる

Twitterでうまく露出を高めれば膨大なアクセス数を稼ぐことができるし、被リンクも付けてもらえるので、サイトの評価が伸びるのが早い傾向があります。

まとめ

ロングテールは急激に10万とかを稼ぐのは難しいかもしれませんが、サイトの成長には絶対必要な要素です。

(Visited 12 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする