ウィンザー効果とは?部下を効果的に褒めるにはなどが便利!マーケティングにも!

チームの仕事では雰囲気を盛り上げる役に徹することが多いのですが、褒めることって重要だなと思います。最近の若者は褒めないとだめなの?いえいえ、年齢関係なく褒められるのって気持ちいいものですよ。ただ逆効果になる褒め方をする人っているんですよね~

ウィンザー効果とは?

その前に説明したいのが心理学の「ウィンザー効果」。これをうまく使えば部下を効果的にほめることができるんです!

ウィンザー効果とは?

第三者を通して聞いた噂の方が、直接話を聞くよりも、心理的に影響が大きく出ることをウィンザー効果と言います。別名クチコミ効果とも呼ばれ、マーケティングの世界ではよく知られている言葉です。何かを評価するときは直接伝えられるより第三者を通じて伝えたほうが信頼できるなと思う心理効果のことです。自分に関する話って真偽はともかく気になってしまいますよね。

効果的な褒め方

「第三者を介して褒める」

先ほど説明したウィンザー効果を使ったほめ方です。第三者に「〇〇さんがAさんのことをほめていたよ」と言ってもらうと本心で言ってるんだなとAさんは思うでしょう。ただポジティブな噂ってゴシップ度の高い噂よりは広がる速度が遅いので本人の耳に届かない可能性もあります。

「〇〇って他の人に言われるでしょ?」

間接的に褒める方法は本人の耳に届かない可能性があります。そんな時は架空の第三者を使って褒めましょう。

具体的に言語化して褒める

「Bさんと比べてAさんは優秀だねぇ」「前と比べて全然いいよ!」のようななにも具体性がなく、他人や過去と比較してほめるのは最悪です。AさんとBさんの仲も悪くなってしまいますしね。なのでなるべく具体的に言語化してほめるようにしましょう。

仕事内容・性格を褒める

特に異性を褒める場合ですが、外見を褒めるとセクハラとみなされてしまう場合が多いです。よくネットの掲示板などでおじさんを中心に「そんなことを言ったら何も会話できない!!」という意見もありますが仕事内容や性格を褒めればいいのではないか?と思います。

まとめ

褒め方は場合によっては逆効果になってしまうので効果的に使っていきたいですね~

(Visited 8 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする