XMLサイトマップはSEOに重要なので設定しよう

サイトマップとは、一言で表すと、サイト内のページリンクをまとめたページのことで、検索エンジンと検索ユーザー双方に、そのサイトにどのようなページがあるのかを伝えるためのものだ。

サイトマップには非常に重要な役割があり、サイトのユーザビリティの改善や、内部SEOの向上にも密接に関わっている。

サイトマップとは

HTMLサイトマップ、XMLサイトマップは、いずれもホームページの目次という役割を担います。

HTMLサイトマップ

ホームページを訪れたユーザーコンテンツを見付けやすいように、リスト形式などで整理して表示しています。

一般的には、カテゴリごとにリストわけして一覧表示し、各項目をクリックするとージリンクできるようになっています。そのため、ホームページで目的のページを探すことができなかったユーザーは、HTMLサイトマップの一覧からリンクをクリックすることでページへ移動することが可能です。

XMLサイトマップ

ウェブサイト内のURLを記述するxml形式のファイルを指します。検索エンジンがサイト内のURLを集める手掛かりとなるため、XMLサイトマップの設置はクローラビリティの改善に繋がります。

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの関係性は?

  • HTMLサイトマップ:ユーザビリティ対応
  • XMLサイトマップ:SEO対策(クローラー対応)

SEO対策にはXMLサイトマップをしっかり意識せよ

XMLサイトマップの役割は、通常のクローラー処理では検索されづらいWebページを効果的に知らせます。例えば、新規公開ページや階層が深いページがこれに該当します。

通常、新しいページはクローラーが廻ってくるまで時間を要しますが、XMLサイトマップを送信することで、すぐにインデックスすることができるのです。

XMLサイトマップを検索エンジンに読み取ってもらうには

  • Google Search Consoleを使用して登録する
  • robotstxtファイルに記載する

(Visited 2 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする