スポンサーリンク

Amazon Aurora:PostGresSQLやMYSQLと比較した結果がすさまじい

Amazon AuroraというとてつもないAWSのデータベースがでました。RDSの一種ではあるのですが、それよりも格段と上です。

PostGresSQLやMYSQLと比較してどうなのでしょうか。

Amazon Auroraのメリット:PostgreSQLやMYSQLと比較

パフォーマンスが高い

Amazon AuroraはAWSが提供するマネージドなSQLデータベースです。
MySQL 5.6,5.7およびPostgreSQL 9.6.8と互換性があります。
MySQLの約5倍、PostgreSQLの3倍の性能を持ちます。
その一方で高い可用性と信頼性を持ちます

拡張性が高い

Auroraは他のAWSサービスとの連携が容易です。S3への自動バックアップをはじめ、CloudWatchを使ったパフォーマンス監視や、その他AWSの専用GUIツールPerformance Insightを使うこともできます。

互換性が高い

ユーザーからはただのMySQL、もしくはPostgreSQLとして扱う事ができる
・それらに依存する既存のアプリケーション資産をそのまま利用する事が可能
・落ちたら再起動したりセキュリティパッチをダウンタイムなしで適用する

安全性が高い

Auroraはセキュリティも堅牢です。例えばAmazon VPCによるネットワークの分離や、AWS Key Management Service (KMS)を使ったアクセス制限、
そしてバックアップ、スナップショット、レプリカもすべて暗号化されています。

Amazon Auroraの環境は

電源やスイッチは確実に系統が分かれておりミドルウェアのバージョンアップなども分かれているという。
それをまたがる形でMasterが一つとSlaveが複数(最大15台)立ち上がる。MasterはDBに対する読み書き両方ができるが、Slaveは読み出ししかできない。

単に移行するだけでなく、データベースのあり方も見直しましょう。どうせなら監視や運用といった、システムの本来の目的以外のことは丸ごとAWSへ任せませんか?そんなときに有力な選択肢に入るが、Amazon Auroraです。

まとめ

本記事では、Amazon Auroraを解説しました。

MySQLやPostgreSQLをお使いでAWSヘの移行予定がある方、ぜひ導入を検討してみてくだ

(Visited 7 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク