スポンサーリンク

【AWS】S3が署名バージョン2の廃止しバージョン4へ

こんにちは、ウェブラバーです。

Amazon S3 における署名バージョン 2 は廃止され、
署名バージョン 2 の最終サポートは 2019 年 6 月 24 日に終了します。

2019 年 6 月 24 日以降、Amazon S3 は署名バージョン 4 を使用して署名された API リクエストのみを受けつけます

AWS CLIやAWS SDKのバージョンによっては、S3へのAPIリクエスト時のデフォルトの署名バージョンが「署名バージョン2」になっているものがあり、2019年6月24日以降、S3側で「署名バージョン2」のAPIリクエストの受付が廃止されると、APIリクエストに失敗するようになります。

具体的には?

スクリプト内でAWS CLIを利用しS3にオブジェクトをアップロードしたり、プログラムからAWS SDKを利用してS3上のオブジェクトを操作しているようなケースがあるかと思いますが、その中で古いバージョンのAWS CLIやAWS SDKを利用している場合に影響を受ける可能性がありますので、念のためバージョンをチェックされることをお勧めします。

実際に影響をうけるバージョンは?

この SDK または製品を使用する場合 この SDK バージョンにアップグレード Sigv4 を使用するために、クライアントでコード変更が必要ですか。 SDK ドキュメントへのリンク
AWS SDK for Java v1 Java 1.11.x あるいは v2 in Q4 2018 にアップグレード。 はい リクエスト認証での署名バージョンの指定
AWS SDK for Java v2 (プレビュー) SDK のアップグレードは不要です。 いいえ AWS SDK for Java
AWS SDK for .NET v1 3.1.10 以降にアップグレード。 はい AWS SDK for .NET
AWS SDK for .NET v2 3.1.10 以降にアップグレード。 いいえ AWS SDK for .NET v2
AWS SDK for .NET v3 SDK のアップグレードは不要です。 はい AWS SDK for .NET v3
AWS SDK for JavaScript v1 現在のところ、何もする必要はありません。主要バージョン V3 in Q3 2019 にアップグレード。 はい AWS SDK for JavaScript
AWS SDK for JavaScript v2 2.68.0 以降にアップグレード。 はい AWS SDK for JavaScript
AWS SDK for JavaScript v3 現在のところ、何もする必要はありません。主要バージョン V3 in Q3 2019 にアップグレード。 いいえ AWS SDK for JavaScript
AWS SDK for PHP v1 主要バージョン V3 にアップグレード。 はい AWS SDK for PHP
AWS SDK for PHP v2 主要バージョン V3 にアップグレード。 はい AWS SDK for PHP
AWS SDK for PHP v3 SDK のアップグレードは不要です。 いいえ AWS SDK for PHP
Boto2 Boto2 v2.49.0 にアップグレード。 はい Boto 2 アップグレード
Boto3 1.5.71 (Botocore)、1.4.6 (Boto3) にアップグレード。 はい Boto 3 – AWS SDK for Python
AWS CLI 1.11.108 にアップグレード。 はい AWS コマンドラインインターフェイス
AWS CLI v2 (プレビュー) SDK のアップグレードは不要です。 いいえ AWS コマンドラインインターフェイスバージョン 2
AWS SDK for Ruby v1 Ruby V3 にアップグレード。 はい Ruby V3 for AWS
AWS SDK for Ruby v2 Ruby V3 にアップグレード。 はい Ruby V3 for AWS
AWS SDK for Ruby v3 SDK のアップグレードは不要です。 いいえ Ruby V3 for AWS
Go SDK のアップグレードは不要です。 いいえ AWS SDK for Go
C++ SDK のアップグレードは不要です。 いいえ AWS SDK for C+

(Visited 297 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク