スポンサーリンク

ブリッジSEの重要は?スキルは何が必要!東南アジアで活躍」

こんにちは、ウェブラバーです。
WEB業界におけるフロントとバックエンド開発ですが、オフショア開発が増えてきました。
日本は中国、インド、ベトナムなどのアジア諸国にシステム開発の一部を発注し、現地の優秀なIT 技術者と協力してオフショア開発を行っています。
そして、その範囲は年々拡大しています。
日本のIT企業はこぞって人件費の低い東南アジアにオフショア(=プログラミングの開発をお願い)しているからです。
ブリッジSEの需要も比例して多くなっています。
ブリッジSEの役割とは何なのでしょうか。

ブリッジSEの役割と必要スキル

プロジェクトマネージャーとブリッジSEは別々のポジションになっている場合が多くなってきています。
ブリッジSEの役割は、日本と海外の橋渡しです。
話す言語の違い・現場通しの距離・時差・文化の違いなどのデメリットを防ぐためにも、日本と海外の開発現場との間に立ち、双方の調整・コンサルを行うことが主な仕事になります。
仕事内容はプロジェクトマネージャーと似た動きになります

フィリピンでは

フィリピンは英語を公用語としているのでオフショア開発に向いています。また、IT系の大学も多いので人材は豊富。しかし、即戦力と呼べる優秀な人材を欧米系の企業に根こそぎ持って行かれてしまうという悲しい話もあります。

システムエンジニアと比較すると

ビジネス分析、交渉、スコープ&デリバリ、市場特性に合わせた自然言語の実践基礎能力がより要求される。

ブリッジSEに必要な4つのスキル

・コミュニケーション能力

 2つの開発現場の伝言・調整役でもあるため、要件を聞く・伝えることをしなくてはいけません。
そのため、コミュニケーション能力は重要になってきます。
コミュニケーション能力は決して欠かせません。システム開発の分野において、連携を綿密に行うことは不可欠です。特にブリッジSEの場合、二カ国以上の異なる環境を繋ぐことになります
英語力もコミュニケーションをとるうえで必要ですね。
TOEICの勉強を机に向かってするのもいいのですが、特にスピーキングを手っ取り早く向上させたい場合は、断然フィリピン留学した方が良いですね。

・マネジメント能力

ブリッジSEはプロジェクトマネージャーとしての能力も求められるため、プロジェクトの進捗管理から、時には開発パートナーへの指導・教育も行ったりします
わかりやすく簡潔に伝え、どういう開発を行うのか、納品日に間に合わせるためにどうすればよいのかなどのマネジメントを行います。
そのため、プロジェクトマネージャーと似た動きを行わなくてはいけません。また、品質を日本に合わせるため、品質管理のマネジメントも行わなくてはいけません。

・技術力

SEとして働く以上、開発における技術力は絶対に欠かせません。特にブリッジSEは、上流工程の調整を行うことが多いため、プログラミングのスキルだけではなく、仕様書の理解力や、要件定義のうまさなどが重要になって来ます。
仕様書や要件定義書をかみ砕いて落とし込む技術です。開発の流れがわかっている方であれば、尚良いです。

・文化の違いへの理解力

、日本の働き方を押し付けずに調整する必要があります。また、日本ではAという開発方法が支流だが、海外ではBという開発方法が主流という違いも発生しますので、開発環境の違いを理解し、どちらの方が効率よく開発できるかを調整しなくてはいけません。

まとめ

グローバル化や働き方改革が騒がれていますが、ブリッジSEへの需要が高まっていくのはまちがいないですね。

(Visited 26 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク