スポンサーリンク

Android(スマホ)におけるWEBサイトの品質チェックやテスト

こんにちは、シバヨシです。

WEB担当となると、さまざまな端末機やOS環境下で、Webサイトが正常に動くかを確認しなくてはいけません。

クライアント、エンジニア、デザイナー、そして僕のようなディレクターが関わり、たっぷりの愛情で作るサイトです。
どのスマホからでも正常に動作・表示させることがいかに 重要な作業かというのは身にしみてわかっています。

OSからまず選定

OSからの選定基準
アプリの推奨機器の定義で記載された範囲のバージョンは一通り検証する必要があります。
ただし、Androidは細かくバージョンが分かれていますので、コスト・期間に余裕がない場合は、
最低限コードネーム単位で検証するとよいでしょう。

また、今後リリースされるOSバージョンを事前に検証するかという点も検討する必要があります。
iOSでは、今秋iOS12がリリース予定となっており、そのパブリックベータ版が公開されています。
(https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/)
Androidでは、2018年第3四半期(6月~9月)にリリース予定となっており、そのプレビュー版が公開されています。(https://developer.android.com/preview/?hl=ja)
(「Oreo」の次は当然「P」となりますが、「Pokey」にはならなさそうですね。残念。)

https://www.valtes.co.jp/qbookplus/975

「PCでAndroid端末のブラウザチェック」をする方法をご紹介したいと思います。

Android Studioをインストール

Android Studioをダウンロード・インストール
Android Studioを起動
新規プロジェクトを作成
AVD Managerを起動
エミュレータのイメージを作成
エミュレータを起動
ブラウザを起動
何を言っているんだと言う方に、詳しく説明します

モバオペを利用

新たに開発したアプリやウェブサイトについて、実際に利用者が手にする端末を用いてテストを行うことで問題や不具合を発見し、品質を向上させるための検証システムです。
モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を簡単にします。
https://mbop.io/lp/

SciroccoCloud

多種多様なAndroid端末に対応お手元に揃えていた端末が不要に!
端末の購入コスト・管理コストの大幅な削減も可能

http://www.scirocco-cloud.com/

(Visited 38 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク