スポンサーリンク

メンテナンス画面の503エラーを表示させる!500エラーではだめ

こんにちは、シバヨシです。

リニューアルやメンテナンスなどのホームページの改修などで、一時的にサイトを閉鎖することがあります。

メンテナンス画面を設定しない場合の影響やデメリットは?

・クローラーがホームページを見ることができなくなるため、Googleからの評価にマイナスな影響として検索順位が下落する可能性があります。
・ホームページをオフラインにしている状態が続くと、流入数や コンバージョンの低下がリスクとして挙げられます。

それの対策としてメンテナンス画面がある。

メンテナンスページとは?

メンテナンス ページとは、 ユーザーに対して「ただ今メンテナンス中です」という旨を伝えるためのページです。

メンテナンス ページの目的はユーザフレンドリーである

ユーザーにメンテナンスであるということを分かってもらうためなので、いかに ユーザーフレンドリーであるかがになります。

ステータス503コードの必要性

「500エラー」は、WEBサーバーとブラウザの間でやり取りされるステータスコードの一つです。「Internal Server Error(HTTP500エラー)」と表示される500エラーは、サーバー側のエラーであり「内部エラーが発生している」という意味を指します。

これはなく、503エラーを表示させます。

検索エンジンに対してメンテナンス中であることを伝える方法としては、「ステータスコード503ページの設定」が効果的です。ステータスコード503とは、「Service Unavailable(サーバーはサーバーの一時的な過負荷あるいはメインテナンスのために、
現在、リクエストを扱うことができない)」という意味です。

メンテナンスページで意識することは

メンテナンス中であることを伝える画面とメッセージを表示させることの意味は?
・訪問者にページが消えたりサーバーエラーが起きていたりするわけではなく、メンテナンスのために一時的に使えなくなっていることを
画面を通じて伝えることです。

・検索エンジン側に不具合のあるサイトと認識されないためです。不具合と判定されると検索順位が落ちる恐れがあります。

・メンテナンス中であるというメッセージ
・メンテナンスの対象範囲( URLや機能について言及)
・ ユーザーに与える影響(予約ができない、ログインができないなど)
・メンテナンス期間
・緊急のお問い合わせ先

(Visited 87 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク