スポンサーリンク

サブドメインとサブディレクトリの違いは?メリットやペナルティはあるのか?

こんにちは、しばよしです。

ホームページを運営する際、 SEO対策という側面からサブ ドメインの利用を検討することがあります。
実はメリットまでわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

また、似た用語も多く「独自 ドメイン」「サブディレクトリ」と混同してしまう方も少なくないはずです。
サブドメイン or サブディレクト論争はGoogleが発表することは今後もないと思いますので、ずっと議論は続くと思いますが
違いはあるのでしょうか。

サブ ドメインの基礎知識から、サブ ドメインを使う上で知っておくべきメリット・デメリットについて説明いたします。

サブドメインとは?

ドメイン(domain)とは、 インターネット上でコンピューターやネットワークを特定することを目的に使用する
文字列のことで、簡単にいえば” インターネット上の住所”のようなものです。
ドメインにはいくつかの種類があり「.(ピリオド)」以降に位置する「org」「jp」「com」
といった文字列のことをトップレベル ドメイン(TLD)といいます。

ホームページを公開する際の URLももちろん ドメインですが、オプションで ドメインを設置できることがあります。

まず「独自 ドメイン」とは、独自で名前を設定し利用できるドメインのことです。
次にサブ ドメインは「独自 ドメイン」を分割するために任意で設定する ドメイン名です。

サブドメインに似てる考えでサブディレクトリも存在する。

サブディレクトリとは

サブディレクトリはサブ ドメインと同じく、独自 ドメインを分割して使用するためのものです。
しかし、サブ ドメインでは独立したホームページを作るのに対し、サブディレクトリはメインサイトの下層 ページのような扱いとなり独立した ページではありません。

サブドメインのメリットは?

・ホームページを運営する数が増えると、その分 ドメイン取得のコストや管理の手間がかかります。
しかし、サブ ドメインは1つの独自 ドメインを目的別に分割して使うことができるため、コストを抑えることができるという
メリットがあります

・アクセス解析がしやすくなるのもメリットといえるのではないでしょうか。アクセス解析では、ドメイン内のコンテンツとして切り分けて解析できないので、Google Analyticsなどでは、URLを見ながら評価することになります。
サイト全体のユニークユーザーあたりの問い合わせ率などをKPIにしている場合、オウンドメディアのアクセス数にばらつきが多い場合、評価しにくくなることもあります。

・独自 ドメインの評価をそのまま引き継げます。

サブドメインのデメリットは?

メインサイトの評価が悪ければサブ ドメインのほうもその影響を受ける恐れがあります。
また、SEO対策として、サブ ドメインを評価する際に各サブ ドメインをバラバラに評価するため、評価が分散してしまい、
検索エンジン上での順位が上がりづらいとも言われています

ペナルティは?

ちゅうことでいくらサブドメインであろうとペナルティくらうと本ドメインまで影響を及ぼされるというちょっと怖い話でした。

(Visited 41 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク