スポンサーリンク

google serch consoleの新バージョンと旧の違いは?

新しいSearch Consoleの画面を開くと、現バージョンに比べてスッキリしたという印象を持たれるかと思います。
全ての機能が新しいSearch Consoleで使用できる状態ではなく、一部の機能のみとなっているため、このようにスッキリしている
状態となります。随時、機能は追加されていくようですね。

URL検査

URL検査を行うと、インデックスに登録されたページの詳細な情報が分かります。
旧バージョンに、この機能はありませんでした。

現在公開されている URL のライブテストも実行できます。
URL をインデックスに送信することもできます。

URL検査を行えば、次のことが分かります。

・参照元ページ
・インデックス状況
・前回のクロールの日時
・正規URL
・クロールが許可されているか?

参照元ページ

Googleが該当のURLを見つけるために使った可能性のあるURLが表示されます。

インデックスされているかどうか?
インデックスされているかが分かります。
noindexタグの入っているページは、「インデックス登録エラー」と表示されます。

前回のクロールの日時

前回のクロールの日時が表示されます。
単独でのクロールエラーレポートは廃止されました。
代わりにクロールエラーは、インデックスカバレッジ(と URL 検査ツール)で確認できます。
URL を Googlebot がクロールして 404 を大量に返すことがあります。
存在しないページが 404 を返すことは当然のことで、404 が検索に悪影響を与えることは普通に考えるとありません。

にもかかわらず、404 エラーがレポートされると、原因は何か、エラーを消すにはどうしたらいいのかの対処方法を必死になって探す人が出てきてしまいます。

サイトマップ

サイトマップレポートは以前よりも使いやすいデザインになりました。
インデックスカバレッジとも連携し、サイトマップ単位でインデックス状況を把握できます。

現状では、画像および動画のサイトマップを新しい Search Console では送信できません。
サポートに向けて取り組んでいます。

正規URL

正規URLが表示されます。

クロールが許可されているか?

ページへのクロールが許可されているかどうかも分かります。
robots.txtでブロックしている場合は、「クロールを許可?」の項目が「いいえ」になります。

検索パフォーマンスレポート

名称が「検索アナリティクス」から「検索パフォーマンス」へと変更されました。
検索トラフィックのデータが16ヶ月まで参照できるようになりました。
旧バージョンだと3ヶ月しか参照できなかったので、この点は大きく変わりました。

まとめ

古いgoogle serch consoleは使えなくなるようですので、新しいバージョンになれましょう。

(Visited 20 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク