ダイナミックレンダリングの仕組みは!googleクローラーの新しい考え

こんにちは、ウェブラバーです。
ダイナックミックレンタリングをご存知ですか。
クローラーも日々成功しているにも関わらず、JavaScriptなどでは読み込めなかったりするので、googleが提唱している新しいクローラーの形となります。
ダイナミックレンダリングとは
ダイナミックレンダリングとは、グーグルが将来的に導入を進めているクローラーの新しい機能です。
JavaScriptフレームワークなどを使用して作られた動的なページをクロールして、サーバサイドでレンダリングされるデータと、クライアントサイドでレンダリングされるデータをそれぞれ索引付けに利用するというものです。

JAVAスクリプトの処理は遅い

現在のところ、JavaScript の処理は難しく、すべての検索エンジンのクローラが JavaScript を正常に即時処理できるわけではありません。
Google では将来的にこの問題を解決できることを願っていますが、それまでの間、この問題の回避策としてダイナミック レンダリングをおすすめします。
ダイナミック レンダリングとは、特定のユーザー エージェントを対象に、クライアント側でレンダリングされるコンテンツとプリレンダリングしたコンテンツを切り替えることを指します。
ダイナミック レンダリングを使用する必要があるサイト
ダイナミック レンダリングは、JavaScript で生成される変更頻度の高いインデックス登録可能な一般公開コンテンツや、サイト運営者が重視するクローラではサポートされていない JavaScript の機能を使用するコンテンツに適しています。すべてのサイトでダイナミック レンダリングを使用する必要はありません。ダイナミック レンダリングはクローラ向けの回避策であることに注意してください。
イナミック レンダリングでは、ウェブサーバーが、ユーザー エージェントを確認するなどの方法によってクローラを検出する必要があります。
クローラのリクエストはレンダラにルーティングされ、ユーザーのリクエストは通常どおり処理されます。
ダイナミック レンダラは、必要に応じて、クローラに適したバージョンのコンテンツを配信します。たとえば、静的 HTML バージョンを配信することができます。
ダイナミック レンダラは、すべてのページで有効にすることも、ページ単位で有効にすることもできます。
初回ロードはサーバー側でレンダリングし、その後はクライアント側でレンダリングさせる技術です(この技術を ミューラー氏は I/O では “Hybrid Rendring”(ハイブリッド レンダリング)と呼んでいました)。

まとめ

(Visited 24 times, 3 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする