iPhone修理は正規店で修理すべき理由!総務省認定とは?

iPhone7の液晶を水没で破損させてしまいました。防水と思って雑に扱い過ぎたのと、水没状態で利用できてしまったのでそのまま利用したのが間違いでした。

今回は割賦で購入しておりあぐらい。支払いの残りがあるので修理する事にしました。アップルストアだと2万円以上修理代金がかかるため6000円ぐらいで修理できるお店に行きましたが結果的には失敗でした。

どこで探したの?比較サイト

今回はこちらの比較サイトでお店をさがしました。

https://saiyasu-syuuri.com

総務省認定とは?

よくアイフォン修理店のホームページに「総務省認定」と書かれています。総務省の修理業者の認定をクリアするには厳しい審査基準を通る必要があるのでこの表示があるかどうかに注目したほうが良いです。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/sogo_kiban/repairer_info.html

同じチェーンでも店舗によって価格が異なる

同じチェーンでも繁華街とそうではない店舗だと価格が全く違います。繁華街の店舗のほうが競争力が働くので安価になります。

ちなみに私は新宿までガラス修理+液晶修理の重度の障害だったため9080円かかりましたが、アプリのダウンロードで2000円引きになりました。郊外の店舗だと1万円超えてしまいます。

修理をしないほうがいい理由=純正品ではないから

多くの店舗で利用してるパーツは純正品ではありません。お店の営業トークで「デメリット」を聞いていましたが、自分が使ってみてそれ以上のデメリットを感じました。

お店で聞いたデメリット

お店で聞いたデメリットはこうでした。少し画面がみえづらくなっても特に問題ないと考えていましたし、半年経過したら新しい機種にすれば良いと思っていました。

・液晶が少し青くなる
・アップルストアにもっていってもサポートが受けられなくなる

自分が感じたデメリット

ところが結局一週間で使わなくなりました。

・タッチ性能が悪く誤作動が発生する
・ガラスがすぐ割れた
・防水ではなくなった

誤作動で文字を打つときに「んんんんん」など意味不明なツイートをしてしまったり、特定の文字が打てないというような事象が発生。

またガラスもすぐ割れました。iPhoneのガラスは衝撃を加えてもなかなか割れない程耐久性が高いガラスですが、サードパーティ品はガラスそのものが諸い構造でした。

もともと液晶漏れだったので治しても寿命は少ないとは思っていたのですが、水滴がついてすぐ操作不能となり、結局買い替えでアイフォン8を購入する羽目になりました。

まとめ

iPhone修理業者はピンキリらしいので、運が悪かったとしか言いようがありません。純正品のパーツを利用したapple認証の正規サービスプロバイダで修理するのが結果としてお金の無駄になさそうです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0751FSNKG/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=fwns6760-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0751FSNKG&linkId=bab7b6a5399ff03269e78af124d26c0d

(Visited 6 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする