インドネシアのitエンジニアやデジタルマーケティングは?

インドネシアのデジタルマーケティングでようやくアフィリエイトサービスが根付いてきて、インドネシアの主要EC企業がアフィリエイトサービスを利用するようになりました。

インドネシアの人口は?

人口も約2億5,000万人と、中国・インド・アメリカに次ぐ第4位の規模をほこっています。

インドネシアの首都ジャカルタには、東南アジア諸国連合のASEAN(アセアン)本部が設置され、世界中から注目の集まる経済の中心地として発展しています。

ASEANはBRICsに次ぐ成長国として、日本やアメリカを含む世界50カ国からASEAN大使が任命されジャカルタの本部に常駐しています。どの国もインドネシアなど東南アジアの成長に目が離せない様子です。

インドネシアの平均年齢は

国民の平均年齢を調べても、日本の45.4歳や中国の36歳に比べて、インドネシアは28.5歳ととても若く、統計的に見ても今後経済が成長できる要素が揃っています。

インドネシアのIT技術者は?

インドネシア人ITエンジニアIT技術者)の特徴としては、大型の開発事案についてあまり経験がないという傾向があります。
大きな規模の開発プロジェクトを進めるのであれば、インドネシア人ITエンジニアへの仕事を振り分けるための対策を、新たに講じる必要があります。

インドネシアのWeB系の人材は?

インドネシア語の技術サイトもまだ少なく、エンジニアの大半が海外の英語サイトから情報収集しています。また、大規模なECサイトやSNSなどの開発を経験した技術者の絶対数が少ないため、高度な技術力と知識や経験を持った日本人エンジニアが重宝されています。今後はさらに、品質管理に関する考え方や運営方法などの知識を持つエンジニアが求められるでしょう

電通もインドネシアに進出

電通と提携している2012年に設立されたバリュークリック社は、SEM(検索エンジンマーケティング)、SEO(検索エンジン最適化)、ソーシャルメディア、運用型広告などの領域を扱っており、現在では55名の社員を抱えるインドネシア大手のデジタルパフォーマンスマーケティング会社へと成長しています。

エキサイトもインドネシアと提携

エキサイトは、インドネシアにおいて、同国大手財閥であるシナルマス・グループ(Sinar Mas Group)と提携し、ポイントを核としたデジタル・マーケティング事業を展開する新会社「PT Excite Indonesia」を設立しています。

まとめ

インドネシアでの商売、タイやマレーシアではじめるよりよいかもしれません。

(Visited 8 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする