住宅ローンの借り換えのデメリット失敗は?注意点を紹介

こんにちは、ヒロラバーです。

家を買うために住宅ローンを組んで、返済を続ける人はたくさんいます。

家を買うために高い融資を利用し、その数十年をかけて返済をするという方法が、住宅ローンでは一般的です。

すべて返済し終わる前に、より条件の良い別の住宅ローンに借り換えることで、大きな差額が生じることがあります。

そのために最近では住宅ローンを乗り換える人が急増していますが、お得なのでしょうか。

住宅ローンの借り換えで返済が楽になる?

住宅ローンの借り換えは、今借りている住宅ローンよりも、ずっと金利が低い金融商品を見つけた時に考えることです。

低い金利で融資を行っている住宅ローンに借り直すという方法をとるわけです。

住宅ローンの借り換えという言い回しを使っていますが、要は新しく住宅ローン融資を受け、借りたお金で今のローンを完済します。

借り換えになりますので、新規の住宅ローン借りつつ、今の住宅ローンの繰り上げ完済を同時に実行することになります。それなりの時間と手間がかかるものですが、金利の低い良い条件の住宅ローンを選べば、それだけのメリットもあります。

住宅ローンの借り換えに向いている人は?

住宅ローンの借り換えは、現時点での返済残高が一千万円以上ある人や、まだ何十年もかけて返済をしなければならないという状況にある人に向いています。

最終的に自分にとってお得な借り換えになるかを、様々な面から確認した上で、手続きに移行するといいでしょう。

金利がどんどん下がっているこの時が、住宅ローンの借り換えには適した時ですので、借り換えを考えるのもいい方法です。

ただ、住宅ローンの乗り換えで返済が楽になるとは限らない

借り換えに伴う手続は、住宅ローンを一から借りる手続きと同じですので、保証料や、各種手数料などを想定すると、費用はかなりの金額になります。

住宅ローンの折込広告や銀行ポスターでは、一昔前には考えられなかったような低い金利が表示されており、住宅ローンの借り換えを検討している人も多いだろう。しかし、ローンの借り換えによって、必ずしも返済が楽になるとは限らない

現在の住宅ローンから、別の住宅ローンに借り直したいと考えている場合、重視すべき事項や注意事項は?

現在、借りている住宅ローンよりも0.1%は低いものであること、まだ1,000万円以上は返さなければいけないという時は、考える必要があります。

考えられないタイプの住宅ローンもある

これまでよく知られていることで、借り換えの際の目安となっていました。しかし今では、昔ならば考えられないようなタイプの住宅ローンもあるようです。

一見すると似たような貸付条件の住宅ローン同士だっただとしてね、事務手続きに関する費用がほとんどかからないというものは、住宅ローンの借り換えが得になることがあります。

住宅ローンの借り換えをするかどうか決める時には、まず、今のままでは幾らの返済が必要になるか、借り換え後は手数料も含め必要な金額がいくらになるです。

確認ポイントは?ローンの手数料を確認

住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは 住宅ローンの借り換えでネックとなるのが諸費用です。

借り換えで浮いたお金も諸費用が高ければそれだけメリットが薄れてしまいます。

借り換え時にかかる諸費用は金融機関によって差があるので、申し込みをする前にしっかり確認することが大切です。

今の住宅ローンよりも金利が低いからといっても、手数料をかけてまで借り換えて、損得が相殺されるのかはわかりません。

住宅ローンの借り換え時に発生する諸経費

住宅ローンの借り換え時に発生する諸経費とは、保証料や、事務手数料で、これは借入とは別に発生します。メガバンクや都市銀行では保証料が大きな割合を占めるので、事前にチャックすることが大変重要なポイントです。

大手銀行とネット銀行の住宅ローンで注意する項目は

保証料0円で融資を行ってるところが多いのは、ネット銀行です。

保証料がかからない代わりに、事務手数料がたくさんかかってくるので、ネット銀行が諸費用が安いとは言い切れません。

ネット銀行では保証料がゼロとなっていても、総合的な諸費用はメガバンクや都市銀行とかわらないこともあるので注意が必要になります。

保証料が戻ってくることも考慮に入れた上で、住宅ローンの借り換えをしたほうがいいかどうかを調べてください。

保証料は繰り上げ返済をして、返済期間を短縮すれば戻ってくるのに対して、事務手数料は戻ってきません

。もしも条件がほぼ変わらない住宅ローンなら、保証料を支払っていたほうが得になるかもしれないということも、考えに入れるといいでしょう。

住宅ローンに関連した書籍は?

最新版 住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?

堅実・有利なローンを組むための、最良の選択がわかる!制度の大幅な変更や各金融機関のローン金利の変化を反映したリニューアル版です。

住宅ローンはこうして借りなさい 改訂6版

累計13万部突破、改訂が続くベストセラーの第6版の最新版がついに発売!

これから借りる人はもちろん、既に借りている人にもおトク情報が満載!
現在のマイナス金利は、たくさんお金をかりても返済利息が少ないため、多額のローンを組んでしまいがち。でも、住宅ローンというのは「借金」です!

将来「返せない」や「自己破産」、さらにローン返済のために「老後貧乏」になってしまうのは避けたいならぜひ読んでみて下さい。

一番トクする 住宅ローンがわかる本 ’18~’19年版

住宅ローンの賢い借り方・返し方がこの1冊でまるわかり。
はじめから読めば、住宅ローンに関する体系的な知識が身につき、また各章をピックアップして読めば、それぞれの疑問点がすばやく解決。返済方法からライフプラン別おすすめローンまで、失敗しない選び方を最新ビジュアル図解です。

まとめ

金利が下がる傾向にある昨今では、住宅ローンの見直しをすることは、結果的に得になりやすいといいます。

借り換えのたほうが、結果的に支払う金額を安く抑えることができるなら、借り換えをしたいと思うものです。

最低でも、借り換えによって新しく返済しなければならなくなった部分は、借りかえ前の住宅ローンのままでいたたほうが、都合がいいといえるでしょう。

最近では、諸費用が10万円程度しかかからない住宅ローンも登場していますので、積極的に借り換えを検討してみるといいと思います。

(Visited 45 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする