スポンサーリンク

イチロー が国民栄誉賞をなぜ辞退・拒否の理由は?人生の幕で貰う予定!

米大リーグ・マリナーズのイチローが、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退しています。現役時代に2回打診されていても断っていたイチローがまさかの今回も断るとは想定外でしたね。

まさに平成の象徴のイチローだったのですがなぜことわったのでしょうか。

イチローのプロフィールは?

出身地 愛知県西春日井郡豊山町
生年月日 1973年10月22日(45歳)
身長 約180.3 cm
体重175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手[3]
プロ入り 1991年 ドラフト4位
初出場 NPB / 1992年7月11日
MLB / 2001年4月2日
年俸 $750,000(2019年

MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定)、最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3563試合出場)です。

とにかくレジェンドのイチローです。

国民栄誉を断り続けるイチロー

小泉内閣で2回断っている国民栄誉

政府はこれまで小泉内閣時代の2001、04年の2度、国民栄誉賞を打診したが、イチローは「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」などと固辞していました。

安倍内閣ももイチローに打診した

菅義偉官房長官は同日の記者会見で「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。これまでの活躍は素晴らしいものであり、国民にそういう声があることは十分認識している」と述べ、授与する方向で調整していた

野党は批判していた

立憲民主党議員は「イチロー選手が過去2度も辞退したことを考えれば“本人は迷惑している”と普通は考えるはずとしていました。

しかし、安倍内閣は政治スケジュールありきで政権運営を続け、その影響で1日には審議が不十分だった働き方改革関連法の本格施行が始まる。ゴールデンウイークの10連休前に、新元号初の国民栄誉賞をイチロー選手が受けると発表するスケジュールを組み、夏の参院選に突入したい思惑がある」と語っていました。

https://twitter.com/YK_9_9_9/status/1113886478382157824

イチローはなぜ断ったのか

イチローは「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」とお話をしています。

引退会見を終わってもわかるように、イチローのなかでは野球人生はおわっていません。

政府の打診に対し、「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」と代理人を通じて本人から返答があったといいます。

まとめ

イチローが国民栄誉賞を大切な賞だとおもっているはずです。尊敬する王貞治が日本人で初めてもらった賞ですから。

だからこそ、まだ自分には値していないと考えているのでしょうか。

(Visited 32 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク