保険に30代40代男性独身はおすすめは?平均は?

出世、モテ期、そしてその次に気になるのが保険ではないでしょうか。

同期はいい保険に加入しているけど、自分の保険はいまいちだと悩んではいませんか。

このようにして悩んでいると、モヤモヤしながら日常生活を過ごさなければなりません。

しかし、誰も保険のことなんて教えてくれない。

安心してください、あなたの生活ライフにあった保険をご提案させていただきます。

シーン別にご紹介します。

シーン1 終身ガン保険

今や日本人の半分の人がガンになるといわれている時代です。

あなたもいつガンになって、仕事が無くなるのかわかりません。

そうならないためにおすすめしたいのがこちらの終身ガン保険です。

医療保険とは違う点にいたしましては、保険料の支払いは亡くなったらお金が振り込まれるという、終身払にしてあるということです。

がん治療が進化するに伴い、がん保険も商品内容が変わってくる可能性があるので、将来見直しができるように保険料を60歳払済などではなく、終身払にしてあります。

出来るだけシンプルな保険料の安いものをおすすめしたいところですね。

シーン2 妻が専業主婦の場合

世帯主である夫が死亡した場合、一家の収入が途絶えてしまうことになることでしょう。

妻が今後の生活をどうやってしていくかによって金額が変わってきます。

例えば妻が実家に帰れるかどうか、またはすぐに働いて収入を得られるかどうかによって死亡保障の設定する金額が変わってきます。万が一があった時にどうやって生活をしていくのかイメージすると金額の設定がしやすいかもしれません。

シーン3 持病がある場合

これまで一般の保険のお話をしてきましたが、もちろん審査が通らないことがあります。

そこで登場するのが「引受緩和型」と言われる保険です。よくCMなどで「持病でも入れます」と宣伝しているものですね。

一般の保険より、入りやすいけれど、保険料は高いです。

商品にもよりますが約1.5~2倍になりますので、保障内容も落ちます。考えるときは慎重に検討するとよいでしょう。

まとめ

本日は、保険のプランについて提供させていただきました。

どうせ、お金を払って保険を支払うのであれば、きちんとした自分にあった保険に入りたい。

そう思う方々が、多いことでしょう。

しかし、残念ながら保険については誰も教えてくれないです。

当記事を参考にしながら、自分に合う保険プランを見つけて、保険の加入作業を進めてくださいね。

自分に合った保険をみつけると、コンプレックスを感じることなく生きることができますよ。

(Visited 6 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする