スポンサーリンク

Google タグマネージャとは?使い方や設定方法は2019

タグマネージャの導入はもはや必須でしょう。

今回は、数あるタグマネージャツールの中でも、無料で利用できる「Googleタグマネージャ」についてご紹介していきます。

Google タグマネージャとは

Google タグマネージャとは、 Googleが提供する ツールで、様々なタグを一元管理( タグマネージメント)できます。
無料で提供されており、誰でも使えます。

Google タグマネージャーが必要な状況は?

埋め込まれているタグの状況を把握しきれない
Webページによってタグが異なる場合がありややこしい
HTMLの編集を第三者に依頼している場合、即座にタグの追加や削除ができない
外部のコンサルタントなどに現在のタグの利用状況を正しく伝えるのが難しい

タグはどんどん複雑化していきます。これらを管理するのは大変な作業となります。

「複雑だったタグの管理が大幅に楽になる!」そんな夢のようなツールですが、Googleタグマネージャに
限らずタグマネジメンツールはまだ生まれたばかりで歴史も浅く、実際に触ったことがある人も
少ないのが現状です

googleタグマネージャの利点は?

Google タグマネージャのタグを ページに設置し、管理画面に Googleアナリティクスや Google AdWordsなどのタグを登録すると、
HTMLの変更を行わずとも、管理画面内でタグの変更や更新などが可能です

導入メリットは?

Google タグマネージャを導入するメリットとしては、大きく分けて
次の4つが挙げられます。

1バージョン管理ができる
2タグの設置が容易になる
3公開前にプレビューできる
4.タグ管理が容易になる

タグマネージャの導入方法

Googleタグマネージャを使用して、アクセス解析に必須な「Googleアナリティクス」をW
ebサイトに導入する方法をご案内します!

以下の手順に沿って、順番に設定を進めていきましょう。

1) アカウントの設定
2) コンテナスニペットをサイトへ設置
3) タグの設定と公開

1) アカウントの設定
まず、Googleタグマネージャにアクセスし、アカウントを設定をします。
コンテナは、1サイトにつき1つ設定する事が推奨されています。

※コンテナとは、タグを入れる箱のようなもの。コンテナ名は、サイト名やURLがわかりやすくてオススメです。

2) コンテナスニペットをサイトへ設置
これでコンテナスニペットが発行されました。
コンテナスニペットとは、Googleアナリティクスのトラッキングコードに該当するタグを指します。

このタグをサイトの全ページのhtmlファイル<body>直後に貼り付ける事で、タグマネージャが利用出来るようになります。

3) タグの設定と公開
新しいタグを追加するをクリックして、タグマネージャに設定したいGoogle アナリティクスの設定を行いましょう。

まとめ

覚えることが多いですね。

(Visited 75 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク