スポンサーリンク

googleがスパムサイトと判定しペナルティとなるのは?

こんにちは、ウェブラバーです。

スパムというと迷惑メールが連想されますがウェブページにもスパムがあります。

ユーザーには価値のないようなページを量産してリンクを貼りSEO効果を狙うことです。
SEOスパムを行えば、結果的にサイトの評価を下げ、検索順位下落の可能性を高めることになります。

今回は、SEOスパムの種類やSEOスパムサイトのチェックすべき行為を中心に解説したいと思います。

スパムサイトとは?

スパムサイトとされるWebサイトの多くは、自分のWebサイトへの訪問者を増やして広告収入を得るために、
SEO上の不正な手段(ブラックハットSEO)を駆使している。

SEOスパムサイトの種類

リンクプログラムに参加してるサイト

PageRankを転送するリンク、相互リンクなど、検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラム
使用する行為

オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページを作成してるサイト

誘導ページ、実質のないアフィリエイトサイトなど、ユーザーにとって価値のないページの検索エンジン掲載位置を上げようとする行為

予想した結果と異なる結果を提供してるサイト

人間のユーザーと検索エンジンに対しそれぞれ異なるコンテンツまたはURLを表示や、悪意のある動作を伴うページ

隠しテキストや隠しリンクがあるサイト

コンテンツに隠しテキストや隠しリンクを含める行為

ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込んでるサイト

ウェブページにキーワード(SEOキーワード)や数字を詰め込む行為(キーワードの乱用)

リッチ スニペット マークアップを悪用してるサイト

ユーザーエクスペリエンスを阻害するような誤解を招きやすい内容でマークアップする行為スパムサイトとは意味のない外部リンクでみなされる

なぜ被リンクを張るのか

さまざまなサイトの運営者が良いサイトとと判断したからこそ、そのサイトにはたくさんリンクが貼られている、ということになります。

スパムサイトとしてみなされると結果として何がおきるのか?
ドメインが違うだけで大した内容のないコピーサイトがネット上に溢れてしまうという結果になります。

スパムサイトの確認方法は?Aguseの利用やgoogle serach consoleに登録する

・本品質チェックツール(Aguse)を利用したサイトの品質チェックをシステム課が定期的に行う。
・google serch Consoleに登録する

(Visited 23 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク