スポンサーリンク

「googleサーチコンソール」入門!分析内容や設定方法は?

こんにちは、ウェブラバーです。

Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)とは、サイトの管理ができる無料のツールです。

もともとはウェブマスター向けのツールだったのだが、今は、マーケティングの専門家、SEO担当者、デザイナー、経営者、さらにアプリ開発者など、実にさまざまな人にとって貴重なリソースとなりました。

サイト運営に関わる多くの情報を知ることができ、サイト運営には欠かせないツールとなります。
簡単に言えばブログをより検索されやすくする、またブログの状態を教えてくれるものです。
全く聞き覚えのないツールだと思いますが、ブログ運営を行なうにあたり重要になります。

何を確認ができるか

・どんなキーワードで検索してアクセスされているか
・キーワードでの検索順位、クリック数
・サイトで発生した問題・エラーの確認
・Googleからのペナルティを受けていないか確認できる
・クローラー用のXMLサイトマップを送信できる
・どのような経路でサイトにやってくるのか
・モバイルデバイスとデスクトップコンピュータではどちらのユーザーが多いのか
・サイトで最も人気が高いのはどのページか
・グーグルのクロール状況を把握し、問題がないかチェックする

登録方法は?

①Googleアカウントを作成していない人はいますか?
②Googleのアカウントが必要となります。

③アカウントの用意ができたら「Google Search Console」を検索して、設定しましょう。
「Google Search Console」のページが表示されるので、「今すぐ開始」をクリックします。

④登録したいサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。
プロパティタイプを選択する画面になります。

URLプレフィックスを選択→登録したいブログURLを入力→続行をクリックします
すると「所有権の確認」になります。ここで「その他の確認方法」の中から「HTMLタグ」を選ぶと、コートが表示されます。

WordPressの設定方法

WordPressで設定を進めていきます。

プラグイン「All in one SEO Pack」のインストール

「All in one SEO Pack」というプラグインを使う必要があります。
まずはプラグインをインストールしていきます。

この中の「Google Search Console」の欄に、先ほどメモしておいた「content=”○○○”」の「○○○」部分だけを入力します。

WordPressを使用していない場合

1) サイトマップの作成方法

XMLサイトマップは手動でソースを編集して作ることもできますが、それぞれのURLを登録、最終更新日、更新頻度、優先順位
などをすべて登録するのはなかなか大変な作業です。

そこで、サイトのURLを登録するだけで簡単に作成できる無料ツール「sitemap.xml Editor」を利用しましょう。
「サイトマップ作成」を選択すると、XMLサイトマップのファイルが完成します。

2).サーチコンソールへの登録方法

まず、登録前の下準備として、サーバーにファイルをアップロードする必要があります。
「FTPソフト」を経由してコンピューターからサーバーにファイルを送りましょう。

FTPソフトをお持ちでない方は「FFFTP」などのソフトウェアをインストールし、初期設定を済ませてからファイルをアップロードしましょう。

(Visited 26 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク