読売ジャイアンツのデジタルマーケティングは?「b→dash」を導入

プロ野球選手のファンサービスは勝つことであり、もちろんファンイベントをすることです。昨今ではデジタルの力を利用し、ファンを調査し、楽しませようとしていますね。

お勧めジャイアンツブログです。

http://yoshilover.com/

読売ジャイアンツが「b→dash」を導入

b→dashとは?

ウェブでの集客から顧客管理まで、マーケティングの「入口から出口」までを一元管理することができる。

データ取得・統合

Webアクセス、アプリ、広告、店舗、自社の基幹システム全てを
統合しマーケティングに活用できるデータセットを作成します。

クロスチャネル

LINE、アプリ、広告、メールのクロスチャネルでのOne to Oneコミュニケーションが可能です。

広告投資最適化

CPAを元に投資チャネルを決定するのではなく、収益に繋がるチャネルに投資判断ができます

読売ジャイアンツは、「b→dash」でデータマーケティング

1つ目は社内で分散する顧客データやWEBサイトの行動履歴のデータを統合し、精緻な分析を実行することです。

2つ目は、膨大なデータを管理・統合するにあたり、スピーディーなPDCAサイクルを構築することです。

読売ジャイアンツはデジタルマーケティングでのファンサービス

ファンクラブ会員データやECデータ、野球教室等の多様なビッグデータを取得・統合するマーケティングデータ基盤を構築し、情報を一元化させます。

購買や会員、行動データが統合されることで、これまでできなかったパーソナライズされたコミュニケーションが実現し、特定地域にファンが多い他球団に比べて、読売巨人軍のファンは日本全国にいます。

首都圏在住のファンと地方在住のファンそれぞれに対するコミュニケーション方法を工夫し、適切な内容を最適なタイミングで施策を実施することを目指しているようです。

「b→dash」に蓄積された知見を活用し、ファンをチケット購買頻度やグッズの購入金額、サイトの訪問回数などによりグルーピングを行い、データマーケティングによる顧客の育成方針を決定していくようです。

まとめ

読売巨人軍も、ファンクラブやオンラインショップなどの運営において、データマーケティングを積極的に活用していくことが必要と考えているようです。

野球で選手の性質を把握することができましたが、ファンの嗜好までデジタルで調査されるような世の中になってきてるんですね。

野球観戦でのファンサービスがますます面白くなることを祈ります。

(Visited 76 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする