原油高の原因2018は?トランプのイランへの経済制裁

トランプが原油自市場に混乱をもたらしているようです。

経済制裁でイランの原油を締め出そうとし、相場は3年7か月振りの高値まで上昇しました。

慌てて石油輸出国機構に増産を求めたが、これは以外の供給余力を弱らせます。

トランプはイランに対し市場最強の制裁をかける

イラン産原油の輸入停止を世界各国に要請していると6月に伝わると相場は急騰しました。米国は8月7日からも制裁を再開すると発表しましたが、原油は11月から対象となるようです。

トランプは、各国の企業に自動車や鉄鋼製品などの分野でイランとの取引を禁じ、違反した企業や金融機関はアメリカの市場から締め出される可能性があるとしましてるのです。

原油相場はまだまだ上がるの可能性あり

油田事故や輸送障害で供給不安がでれば、相場は跳ね上がりやすくなります。ただ、トランプが仕掛ける貿易戦争への懸念からリスクは下落した。

「目標はイランの原油の輸入をゼロにすることだ」と話しており、イランには日本の総合商社やプラントメーカーが進出し、自動車部品などの取引が拡大していて、影響は避けられません。

原油70ドルは?原油の生産国も消費国もちょうどよい

現在の70ドル付近の原油価格は、原油の生産国にとっても消費国にとっても高すぎず、低すぎずの水準と考えられており、現状付近で維持する事は双方にとって悪い状況ではないと考えられます。

まとめ

原油が高くなることで、得するひとはほとんどおらず、原油安が望ましいのですが、トランプの動向を注視する必要がありますね。

(Visited 96 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする