デジタルトランスフォーメーションで必要な人材やスキルは?

昨今ではデジタルトランスフォーメーションとよくききますがどういったものなのでしょうか。我々は何を目指していけばよいのでしょうか。

デジタルトランスフォーメーションとは

ITの進展やインフラの整備によって、ビジネスや社会のあり方が変わり始めている。

あらゆるものがインターネットに接続するIoTの拡がりや、ビッグデータ活用、人工知能(AI)の様々な分野への適応が始まっている。

デジタル化を進めるということは、様々な要素(アナログデータも含む)をデジタル化、数値化して扱うことを意味する。

共通に扱えるデータへと変換することによって、処理や分析が可能になり、フィードバックまで含めた一連の流れを作ることが可能になる。

デジタル化の本質は、以上のようなデータ駆動型へのビジネスや社会の変革にある。

既存のビジネスや業務に新技術を取り入れるだけでなく、ビジネスモデルを変え、経済活動のみならず、個人の生活や社会構造にまで影響が及びます

その変化は、“デジタルトランスフォーメーション”や“デジタル革命”と呼ばれている。

デジタルトランスフォーメーションは第四次産業革命

このデジタル化の流れは、単なるトレンドではなく、これまでの歴史でいう「産業革命」に相当するものであるともされており、「第四次産業革命」を生み出す技術という位置づけで捉えられることも多い。

このように考えれば、不可逆的かつあらがうことができない変化を生み出す新たな技術と見ることもできる。

デジタルトランスフォーメーションの人材は?

従来の受託型開発や運用・保守を担うための能力とは異なる能力を持つIT人材を育成しなければならない

新たなビジネスを見据えた人材像を想定し、労働環境や挑戦を軸とした評価制度づくり、キャリア形成を行っていく必要がある。

企業のデジタルトランスフォーメーションの進め方は?

トップダウンで取り組みをするか、現場からの意見によって意識改革を経て取り組みをするか差はあるものの、どちらにしてもプロジェクトリーダー的存在者がインフルエンサーとなり、企業全体にデジタル化を推進していくことになります。

こういった活動をする人材に求められる能力とは、“他人を巻き込む力”、“ビジネスとデジタルの知見”です。

まとめ

各企業はIT人材が不足している中、デジタル化へ追従していける人材の確保・教育が必要不可欠であることは間違いありません。

(Visited 30 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする