Capistrano入門!Railを利用したデプロイツール!

Ansistranoを前回説明しましたが、これはCapistrano+ansibleです。

Capistranoもデプロイツールなのですがこちらの説明をしていきたいと思います。

構成管理のansibleは有名となってきていますが、デプロイソフトであるAnsistrano はご存知ですか。 ansibleのyaml...

Capistrano とは

Ruby 製の自動デプロイ (& サーバー操作) ツールです。

Capistrano 3はRubyをベースにしたサーバ操作およびデプロイの自動化ツールです。Capistrano 3を利用することで、デプロイなどの複雑なサーバ操作を自動化することができます。

オープンソースで提供されている、複数のサーバ上で同時にスクリプトを実行するためのソフトウェアツールです。

主に、同じ役割のサーバが複数台存在するような環境での自動化であったり、アプリケーションのデプロイ自動化に利用されています。

複雑な Rails 製アプリケーションのデプロイ作業をコマンド数行でさくっと片付けられるようになります。

また、Capistranoを知っている人同士であれば、他人の書いたデプロイ設定も読みやすく、結果的に保守や引き継ぎがしやすくなります。

Capistrano 3.xはSubversionに未対応です。

デプロイとは

主にネットワークを通じて提供されるWebアプリケーションなどのシステム開発工程において、システムを利用可能な状態にすることです。

デプロイはソフトウェアのリリースやインストールも含んだ意味の広い言葉であり、開発環境からステージング環境へシステムを反映させることも、ステージング環境から本番環境へ反映させることも、「デプロイする」と表現できる。

なぜデプロイに自動化が必要なのか?

サーバアプリケーションを利用したサービスは、サーバアプリケーションを開発するだけではなく、稼働させるサーバへデプロイしなければなりません。

ところが、このアプリケーションのデプロイという作業には意外と手間がかかります。

それではデプロイの要件とはなんでしょうか?

デプロイの要件

アプリケーションの構成要素

どんなプログラミング言語、フレームワーク、ミドルウェアをつかって開発されたアプリか?

実行環境や規模

どんなサーバ何台にデプロイするか?

許容時間

デプロイ開始から終了までにどれくらい時間をかけてよいか

納期はいつまでか

自動化にかける時間があるのか?

予算はいくら使えるか

自動化にかける初期費用がでるのか?

デプロイは手作業ではだめなの?

手作業は初期投資が少ないというメリットがある一方、手順書を作成したり作業を実施するための人的コストが継続的にかかったり、繰り返し作業する中でミスが発生する可能性があります。

(Visited 30 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする