ブランディング戦略とは何か?企業資生堂やキリンでは専門部署設置

こんにちは、管理人のよしです。

WEBマーケティングに携わる方なら、「ブランディング」という言葉を気いたいことはあるかと思います。

デジタル化の波が押し寄せ、モノ情報があふれるなかで個人の好みが多様化しているなかで、大量消費を前提としたものづくりや大量広告で価値を築くブランド論は通じなくなりました。

ブランディングとは?

ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくことです。

ブランディングを行うことのメリット

ターゲット市場において「〇〇といえばあの商品」という意識を根付かせるということです。

「ビールを飲むなら一番搾り」という意識が市場に浸透していれば、多額の広告費や販促費を投入して集客活動を行わなくても顧客を獲得することが可能することができます。

広告宣伝費や販促にかかるコストが削減できれば、その分を商品開発や顧客サービスの充実に投下することができます。

また、ブランドが確立されれば、キリンであれば、アサヒなどの競合他社とのし烈な価格競争から離脱することもできるです。

WEB業界でのブランディングとは?

Webサイトをブランディングに役立てることもできますし、ブログ、SNSの運用、広告、アフィリエイトといった施策を通じてブランディングを行うことも可能です。

Webマーケティングで展開される様々な施策をブランディングに役立てるのだと考えて頂いた方が分かりやすいでしょう。

ブランディングを意識して活用すれば、同時にその方面への効果をも上げていくことが可能なのです。

WEB業界デジタルでのブランディング手法は?

不特定多数のマスを追わないです。それぞれが20代女性や女子高生など的を絞るのです。任氏を広げる手段は交流サイト(SNS)であり、消費者に影響を与えるインフルエンサーの情報も駆使しています。

今まではすべての世代の女性を店頭に動員するマーケティング手法を定積としてきましたが、現代は人と同じことを意義を見出さなくなっています

安さからライフスタイルにあった商品へ

とにかく安くて経済的なものを買うという00年代から、自分のライフスタイルにこだわった商品を選ぶに変わってきています。

モノが豊かになり商品の情報も簡単に得られる時代には、ビジネスの変革が必要なのです。

まとめ

手が届かないものにあこがれる時代は終わりました。高級ブランドも教科書のブランド論ももう古いです。日常への共感がいまのブランディングとなっています。

(Visited 3 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする