AIスピーカー開発者に朗報!エコーをPythonで開発して先駆者に

Amazon Echo や Google Home、 Clova WAVEなどのAIスピーカーが有名であります。

その開発者に朗報ですが、Amazon.comがAIスピーカーのアプリ開発者に報酬金を払う仕組みを2019年に始めるとのことでした。

日本ではAIスピーカーはまだ少ないですが、今後はスマホを超す市場規模だと考えているようです。

AIスピーカーとは?Amazon Echo や Google Home、 Clova WAVE

インターネットを介して音楽鑑賞や調べ物、買い物といったサービスを利用していますが、スマートスピーカーでは、PCやスマートフォンではなく、「音声」のみで操作できます。

画面をタッチしたり、キーボードを叩いたりするよりも速く、手軽なのですね。

米国では成人への普及率が20パーセントに達しているようですが、日本では数パーセントでしょうね。

具体的にはAIスピーカーでは何ができるようになるのか

天気や交通状況といった情報をえたり、音楽聞いたりとか、買い物ができるとか、音声を通じてきできるようになります。

AMAZONのエコーは独自AIのアクレサとは?AIスピーカーがより身近に

音声をつかって正確に把握し、人間同士のような自然な会話に近い形で操作ができるようになりました。

Amazonのスキルは?スマホと比較して

まずAmazon Echo用のアプリは「スキル」と呼びます。具体的な機能を支えるます。スキルは世界で約4万5千、日本では1200以上の数です。

スマホのアプリは600万以上あり、差が大きいのです。

AIスピーカーにもFacebookやLine?

スマホでフェイスブックやLineが生れたように、同じようにサービスが誕生すると予想されています。

AIスピーカーの将来の普及率は?

スマホは一人一台が普通であるが、エコーは自宅のすべての部屋にあってもおかしく無いため、市場はスマホより大きくなるだろうと予測されています。

AIスピーカの開発は?今なら先駆者としてビジネスを作れる

プログラム言語は流行のPythonを利用しているようです。アプリ作成はWEBアプリやスマホアプリに比べると、開発者が少ないため先駆者となりビジネスを開業することができるかもしれません。

まとめ

まだまだ普及していないAIスピーカの開発をいち早く開始し、ビジネスの先駆者になるのもいかがでしょうか。

(Visited 33 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする