ネットでクレジットカード申し込みは危険?危ないけど大丈夫!

こんにちは、ヒロラバーです。

買い物でもクレジットカードが活躍しています。

お金を持ち歩かずともいいことが、クレジットカードを使う時の大きな利点といえますし、クレジットカードは利用額に応じてポイントがたまっていくサービスもありますので、電子マネーや、商品券へと交換もしてもらえます。

そんなクレジットカードは、インターネットで申し込む人が増えてきましたね。

インターネットで申し込むのは怖いというかたも多いですのが実情です

注意することはありますでしょうか。

クレジットカードの申し込み方法はインターネットでおこなう世の中へ

スマートフォンや、パソコンを使ってのクレジットカードの申し込みが可能な金融会社は、最近では珍しくなくなってきています。

契約までの手続きを即日対応できる会社もありますし、必要書類の提出をFAXでの送付や、スマートフォンのカメラで撮影した画像の送信で済ませられる会社もあります。もしも、できるだけ早くクレジットカードの契約をしたいなら、インターネットを活用してください。

パソコンや、スマートフォンから、クレジットカードの申し込み手続きができるようになっています。

クレジットカードの申し込みをする時には、必要な書類や、申し込み事項を確認した上で、正しい手順で手続きをするようにしましょう。

クレジットカードの申し込みで必要事項は?

クレジットカードの申し込みでは、本人が確認できる書類の写しは必須です。パスポートや、運転免許証が必要になります。

住民票が必要になることがありますが、これは現住所と、本人確認書類に書かれている住所が別々なものである時などです。

クレジットカードの審査で落ちる人は?評価性がある

申し込み内容に問題がなければ、審査が行われます。申し込み者の返済能力を確認し、クレジットカードを発行可能かをチェックします。

例えば、毎月の収入が安定していない人は、返済能力が乏しいと見なされて、審査での評価が低くなってしまいます。

審査が終わり、必要な契約手続きが終われば、クレジットカードが郵送され、使えるようになります。

Amazonマスターカードはこちら

https://amzn.to/2CYSrok

クレジットカードの申し込みは危険なので注意することも必要である。

子規模のカードは使わない

大手ショッピングサイトやショッピングセンター、有名ブランドの直営のオンラインショップ以外の利用をしないようにしましょう。

ブランドのオンラインショップでは、必ず直営店であることを確かめましょう。

URLに不安があるサイトは使わない

URLは間違いなく確認したほうがよいです。

カード情報の入力画面のURLが「http」ではなかったり、URL欄の端に鍵のマークが付いていないものなどは注意が必要です。

当然のことですが、違法な商品や薬品の個人輸入なども控えるべきです。

暗証番号は入力しない

インターネットショッピングでのクレジットカード利用では、カード番号や期限の入力はありますが、暗証番号を求められることはありません。

暗証番号の入力は、実店舗での決済でも断ることができるくらいなのです。

まとめ

インターネットでクレジットカードは簡単できますし、ショッピングもインターネット、ますます外にでなくなってしまいますね。

(Visited 36 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする